エンジェル (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンジェル
Angel
監督 フランソワ・オゾン
脚本 フランソワ・オゾン
マーティン・クリンプ英語版(台詞)
原作 エリザベス・テイラー
エンジェル英語版
製作 オリヴィエ・デルボスフランス語版
マイク・ミソニエフランス語版
製作総指揮 ターニャ・セガッチアン英語版
出演者 ロモーラ・ガライ
シャーロット・ランプリング
ルーシー・ラッセル英語版
マイケル・ファスベンダー
サム・ニール
音楽 フィリップ・ロンビフランス語版
撮影 ドゥニ・ルノワールフランス語版
編集 ミュリエル・ブルトン
配給 フランスの旗 ワイルドバンチドイツ語版
ベルギーの旗 ABC Distribution
日本の旗 ショウゲート
公開 フランスの旗ベルギーの旗 2007年3月14日
日本の旗 2007年12月8日
上映時間 134分
製作国 イギリスの旗 イギリス
ベルギーの旗 ベルギー
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 €14,920,000[1]
興行収入 世界の旗 $2,835,903[2]
テンプレートを表示

エンジェル』(Angel)は2007年イギリスベルギーフランスドラマ映画。監督・脚本はフランソワ・オゾン、出演はロモーラ・ガライシャーロット・ランプリングなど。原作は英国の作家エリザベス・テイラー同名長編小説英語版

ストーリー[編集]

英国の田舎町に住むエンジェル・デヴェレルは、食料品店を営む母と二人暮らしの夢見がちな少女で学校にあわず、家にこもって小説を書いて出版者に送りつけていた。そのうち出版人のセオ・ギルブライトによって刊行が決まり、エンジェルは人気作家になる。だがその小説は通俗的だとして批評家から批判された。エンジェルは、放蕩者の貴族の青年エスメ・ハウ=ネヴィンソンに恋をしてしまい、青年はいささかはカネ目当てでエンジェルと結婚する。エスメの妹ノラは、結婚もせず世間知らずのエンジェルの面倒を見るのだった。第一次大戦が起こってエスメは出征するが、負傷して帰ってきて、廃人のような日々を過ごし、ついに自殺してしまう。その後エンジェルは、エスメに愛人がいたことを知ってショックを受ける。エンジェルの小説は流行遅れとなり、エンジェルは気に入って購入した屋敷で息をひきとる。

小説ではエスメは湖でボートから落ちて死んだように描かれているが、映画版では屋敷内で首を吊る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エンジェル・デヴェレル ロモーラ・ガライ 甲斐田裕子
ハーマイオニー・ギルブライト シャーロット・ランプリング 高島雅羅
ノラ・ハウ=ネヴィンソン ルーシー・ラッセル英語版 日野由利加
エスメ・ハウ=ネヴィンソン マイケル・ファスベンダー 小山力也
セオ・ギルブライト サム・ニール 小川真司
エンジェルの母親 ジャクリーン・トン英語版
アンジェリカ ジェマ・パウエル英語版
ロッティ叔母さん ジャニーン・デュヴィツキ英語版
ノーリー卿 クリストファー・ベンジャミン英語版

製作[編集]

主人公エンジェルが憧れる豪邸「パラダイス」は、イギリスサマセットにあるティンツフィールドという1863年建設の実在の館がモデルで、一部撮影も行なわれた。

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「時代遅れのメロドラマと社会風刺、豪華なセットと衣裳が織り交ぜられた奇妙な作品だが、『エンジェル』は決して飛び立つことはない。」であり、22件の評論のうち高く評価しているのは50%にあたる11件にとどまっており、平均して10点満点中5.07点を得ている[3]アロシネによれば、フランスの24のメディアによる評価の平均点は5点満点中3.8点である[4]

出典[編集]

  1. ^ Angel (2007)” (フランス語). JPBox-Office. 2020年7月13日閲覧。
  2. ^ Angel” (英語). Box Office Mojo. 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ Angel (2007)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年7月13日閲覧。
  4. ^ Critiques Presse pour le film Angel” (フランス語). AlloCiné. 2020年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]