エンゲル係数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンゲルの法則:収入の増加に伴い、食費支出も増える、総支出に占める割合は減少する。

エンゲル係数(エンゲルけいすう、英語:Engel's coefficient、ドイツ語:Engelsches Gesetz)とは、1世帯ごとの家計消費支出に占める飲食費の割合(パーセント単位)のことである[1][2]

ドイツ社会統計学者エルンスト・エンゲル1857年論文で発表した[1]

概要[編集]

"エンゲル係数の値が高いほど生活水準は低い"傾向にある。これは、食費(食糧・水など)は生命維持の関係から(嗜好品に比べて)極端な節約が困難なためであり、これをエンゲルの法則という。 経済成長に伴い生活水準が向上していくため、エンゲル係数は経済成長に伴い低下していく。[1][2]

日本の統計[編集]

第二次世界大戦以前のエンゲル係数は、都市労働者の場合、3割台だったが、敗戦後には6割前後にまで上昇した(佐々木潤之介他 『概論日本歴史』 吉川弘文館 2000年 p.264)。

消費支出に占める食料費の割合
年度 総世帯 二人以上の世帯 単身世帯
2017年 25.5% 25.7% 24.5%
2016年 25.7% 25.8% 25.1%
2015年 25.0% 25.0% 25.1%
2014年 24.0% 24.0% 23.8%
2013年 23.6% 23.6% 23.5%
2012年 23.6% 23.5% 24.1%
2011年 23.6% 23.6% 23.5%
2010年 23.2% 23.3% 23.1%
2009年 23.4% 23.4% 23.1%
2008年 23.2% 23.2% 23.0%
2007年 22.9% 23.0% 22.5%
2006年 23.1% 23.1% 22.9%
2005年 22.7% 22.9% 22.1%
2004年 23.0% 23.0% 23.0%
2003年 23.1% 23.2% 22.6%
2002年 23.3% 23.3% 23.3%
2001年 23.2% 23.2% 22.9%

2011年より上昇の一途を辿っており、2016年はバブル以降もっとも高い数字となった。(出典:家計調査速報 総務省)

消費支出に占める食料費の割合(地方別)[3]
年度 北海道 東北 関東 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
2017年 24.5% 25.6% 25.8% 26.2% 25.2% 27.1% 25.9% 24.5% 24.3% 28.0%
  • 日本の総務省統計局 『家計調査年報』1世帯当たり1か月間の収入と支出より

世界の統計[編集]

日本 25.4%
食費
アメリカ 19.3%
   
カナダ 23.5%
   
イギリス 24.9%
   
イタリア 24.4%
   
トルコ 35.5%
   
韓国 32.9%
   
スペイン 26.9%
   
  • 総務省統計局 『世界の統計2008』 "13-補2 家計の収入"より

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「エンゲルの法則」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン。
  2. ^ a b 志田明「エンゲル係数」『日本大百科全書』小学館。
  3. ^ 明治から続く統計指標:エンゲル係数 総務省統計局

関連項目[編集]