エンゲル係数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エンゲル係数(エンゲルけいすう、英語:Engel's coefficient、ドイツ語:Engelsches Gesetz)とは、1世帯ごとの家計消費支出に占める飲食費の割合(パーセント単位)のことである[1][2]

ドイツ社会統計学者エルンスト・エンゲル1857年論文で発表した[1]

概要[編集]

一般に、"エンゲル係数の値が高いほど生活水準は低い"とされる。これは、食費(食糧・水など)は生命維持の関係から(嗜好品に比べて)極端な節約が困難とされるためであり、これをエンゲルの法則という[1][2]

概ね経済成長に伴い生活水準が向上していくため、エンゲル係数は経済成長に伴い低下していくものとされる[3]

日本の統計[編集]

消費支出に占める食料費の割合
年度 総世帯 二人以上の世帯 単身世帯
2017年 25.5% 25.7% 24.5%
2016年 25.7% 25.8% 25.1%
2015年 25.0% 25.0% 25.1%
2014年 24.0% 24.0% 23.8%
2013年 23.6% 23.6% 23.5%
2012年 23.6% 23.5% 24.1%
2011年 23.6% 23.6% 23.5%
2010年 23.2% 23.3% 23.1%
2009年 23.4% 23.4% 23.1%
2008年 23.2% 23.2% 23.0%
2007年 22.9% 23.0% 22.5%
2006年 23.1% 23.1% 22.9%
2005年 22.7% 22.9% 22.1%
2004年 23.0% 23.0% 23.0%
2003年 23.1% 23.2% 22.6%
2002年 23.3% 23.3% 23.3%
2001年 23.2% 23.2% 22.9%

2011年より上昇の一途を辿っており、2016年はバブル以降もっとも高い数字となった。(出典:家計調査速報 総務省)

消費支出に占める食料費の割合(地方別)
年度 北海道 東北 関東 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
2008年 22.7% 22.4% 23.5% 22.2% 22.9% 24.0% 22.8% 21.7% 22.6% 24.0%
  • 日本の総務省統計局 『家計調査年報』1世帯当たり1か月間の収入と支出より

世界の統計[編集]

日本 25.4%
食費
アメリカ 19.3%
   
カナダ 23.5%
   
イギリス 24.9%
   
イタリア 24.4%
   
トルコ 35.5%
   
韓国 32.9%
   
スペイン 26.9%
   
  • 総務省統計局 『世界の統計2008』 "13-補2 家計の収入"より

有用性の議論[編集]

エンゲル係数の高低は生活水準を表す指標となっているが、1世帯あたりの人数や人口に占める生産年齢の割合、価格体系、生活慣習の異なる社会集団の比較には不適当な場合もある[2]

経済学者の飯田泰之は日本では最も貧しい20%の人口は支出の約25%を食費に当て、最も豊かな20%は支出の22%ぐらいを食費に当てており、中間層の方が食費にあてる割合が高いと指摘している。[4]

岐阜大学教授の大藪千穂は、高齢化や為替変動、食文化の変化など複雑な要因によってエンゲル係数が上昇しているので、上昇すなわち貧困ということにはならないとしつつも、低所得者層の生活の厳しさについての指標としては有用であるとしている[5]

ニッセイ基礎研究所の櫨浩一は、共働き世帯の増加は世帯所得が増えるため、中食による食費増はエンゲル係数の増加には大して影響していないと述べている。また、食品に対する公租公課が一律で増額された場合でその他の生活必需とされる物品や役務への公租公課が増やされなかった場合、社会全体のエンゲル係数は上昇することが多いとして、日本では2014年4月に消費税が5%から8%に増税となったが、食料品が増税となった一方で、医療費、学費、地代といった非課税品目も消費支出に含まれるため、相対的にエンゲル係数が上昇したとしているほか、高齢化に伴う無職世帯の増加が長期的なエンゲル係数の上昇に大きな影響を与えていると述べている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「エンゲルの法則」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン。
  2. ^ a b c 志田明「エンゲル係数」『日本大百科全書』小学館。
  3. ^ a b 基礎研レポート エンゲル係数の上昇を考える ニッセイ基礎研究所 2017年5月 (PDF)
  4. ^ https://synodos.jp/economy/15516
  5. ^ エンゲル係数、29年ぶり高水準 食生活の変化が影響か 朝日新聞デジタル 2017年3月30日

関連項目[編集]