エロマンガ先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エロマンガ先生
ジャンル ホームドラマラブコメ
おたく業界ラノベ
小説
著者 伏見つかさ
イラスト かんざきひろ
出版社 KADOKAWA
レーベル 電撃文庫
刊行期間 2013年12月10日 -
巻数 既刊8巻(2017年1月現在)
漫画
原作・原案など 伏見つかさ(原作)
かんざきひろ(キャラクター原案)
作画 rin
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊コミック電撃大王
レーベル 電撃コミックスNEXT
発表号 2014年7月号 -
巻数 既刊5巻(2017年3月現在)
アニメ
原作 伏見つかさ
監督 竹下良平
シリーズ構成 髙橋龍也
キャラクターデザイン 織田広之
音楽 菊谷知樹
アニメーション制作 A-1 Pictures
製作 EMP
放送局 TOKYO MXMBSほか
放送期間 2017年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

エロマンガ先生』(エロマンガせんせい)は、伏見つかさによる日本ライトノベルイラストかんざきひろが担当している。これは、伏見つかさの前作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』と同様である。電撃文庫KADOKAWA アスキー・メディアワークス)より2013年12月から刊行されている。

概要[編集]

高校生でありながらライトノベル作家である主人公は、部屋に引きこもる妹が自分の著書のイラストレーターであることを知る。 兄が部屋に籠る妹を外に連れ出そうとするホームドラマの側面と、作家・イラストレーターとしての夢を軸にした、兄弟ラブコメ作品である。 特徴として、実在するライトノベルが作中に登場することが挙げられる。

アニメ化決定前の累計部数は60万部[1]。また、月刊コミック電撃大王(KADOKAWA)でコミカライズされている。

2016年3月10日にアニメ化が発表され[2]、2017年4月から放送開始予定。

あらすじ[編集]

高校生兼ライトノベル作家である主人公の和泉正宗には、引きこもりの妹和泉紗霧がいる。一年前に二人は兄妹となったのだが、妹はまったく部屋から出てこないほど徹底した引きこもりで、正宗は紗霧には自発的に部屋から出てきてもらいたいと思っていた。

第1巻(妹と開かずの間)
ある日正宗は、書店に訪れたときにその看板娘高砂智恵から教えられた担当イラストレーター「エロマンガ先生」の生放送番組を視聴し、妹とエロマンガ先生が同一人物であると知る。生放送でのハプニングを阻止した後、二人は一年ぶりの再会を果たす。
また別の日の放課後、正宗は編集部を訪れると、別レーベルの売れっ子ラノベ作家の少女山田エルフと遭遇する。エルフは、エロマンガ先生に自著のイラストレーターをやってもらいたいと言うが、エロマンガ先生は二シリーズを掛け持ちできるほど仕事は速くないので、二人はエロマンガ先生をかけてどちらが面白い小説を書けるかを競うことになる。
第2巻(妹と世界で一番面白い小説)
『兄妹の夢』を叶えるため、小説の出版を目指す正宗と紗霧は、二人で協力して担当編集を納得させる企画書を作る。
小説の出版を認められた正宗であったが、出版枠の都合上、刊行は一年後と伝えられる。とある理由でそれを受け入れられない正宗であったが、七月に開催される新進気鋭の作家のためのプロジェクト『ラノベ天下一武闘会』に参加を許された。しかし、マサムネのために確保されていた出版枠をも奪って行った同レーベルの先輩作家千寿ムラマサも参加することになる。
第3巻(妹と妖精の島)
九月の出版枠を確保し、新作小説『世界で一番可愛い妹』の刊行が決まった正宗は、エロマンガ先生やエルフ、ムラマサとともに打ち上げを行った。そして夏休み、エルフの所有する島で『夏の取材&執筆合宿』に参加する。
第4巻(エロマンガ先生VSエロマンガ先生G)
九月十二日、己こそが“本物の”エロマンガ先生であると名乗る『エロマンガ先生G』が現れた。どちらが真のエロマンガ先生であるかを決めるべく、二人が生放送にてイラストを描き、勝った方が『エロマンガ先生』を名乗り、負けた方はお面を外し素顔を晒すという、「エロマンガ先生VSエロマンガ先生G マスク剝ぎデスマッチ」を行うことになる。
デスマッチが話題となり、『世界で一番可愛い妹』のコミカライズが決定したが、紗霧は作画担当に厳しい条件を要求する。
第5巻(和泉紗霧の初登校)
十二月に紗霧のクラスメイト神野めぐみの提案でクリスマスパーティーを開催、一月に政宗は作家仲間とともに『バレンタイン対策会議』を開く。
三月、和泉兄妹の保護者である和泉京香が、二人暮らしを続ける条件である『定期テスト』をするために、和泉家を訪れた。紗霧へ課せられた宿題『社会復帰』した姿を見せるため、政宗は友人とともに奮闘する。
第6巻(山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由)
マサムネのレーベルの春の祭典において、『世界で一番可愛い妹』のステージイベントの開催が決定した。担当編集によって仕組まれたエロマンガ先生の初顔出しの危機を救うため、政宗は京香にあるお願いをする。
一方で政宗はエルフから『山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由』を語られる。
第7巻(アニメで始まる同棲生活)
七月二日、マサムネは『世界で一番可愛い妹』のアニメ化を伝えられた。和泉兄妹は2人で同アニメスタッフの作品である『星くず☆うぃっちメルル』を見る。アニメスタッフに期待を寄せる政宗であったが、脚本担当の葵真希奈はなかなか脚本を提出せず、担当変更の危機に直面した。必死の説得とライバルの登場によりやる気になった葵は、アニメ完成まで和泉家への居候を希望する。
政宗は学業に仕事と、不眠不休の生活を強いられていた。兄を心配した紗霧は、二人で同棲することを決断する。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

和泉 正宗(いずみ まさむね)
声 - 松岡禎丞[3]
本作の主人公で、物語の語り手。一人称は「俺」。15歳。高校1年生。血液型はA型。得意ジャンルは学園異能バトル。高校生兼ライトノベル作家で、ペンネームは和泉マサムネ。中学入学とほぼ同時期にライトノベル新人賞の選考員奨励賞を受賞して作家デビューを果たす。学園異能バトルものの『転生の銀狼』を完結させる。その小説のイラストレーターであるエロマンガ先生が動画サイトで配信する生放送を見たことをきっかけに、エロマンガ先生が自分の妹であることを知る。「ラノベ天下一武闘会」の投票で実質一位となり、新作『世界で一番可愛い妹』(略称は『世界妹《セカイモ》』)が文庫本化され、第6巻においてそのアニメ化が決定。現在とある事情で紗霧と二人暮らしをしている。料理やお菓子の好みが、やけに年寄りじみている。
極度のシスコンで異性としても好き。彼女が床を叩く音で何を言っているのか把握できるという妙なスキルを持っている。エルフの言葉を受けて義妹に告白するも、「好きな人がいる」と返答される。以降はあくまで兄として接することにした様子である。
和泉 紗霧(いずみ さぎり) / エロマンガ先生
声 - 藤田茜
12月10日生まれ[4]
本作のヒロイン。正宗の義理の妹。12歳の中学1年生。第4巻で誕生日を迎え、それ以降は13歳。血液型はA型。「エロマンガ先生」という名前でイラストレーターをしている。時折ネット配信でお絵かき動画を放送しており、放送時には変声機とお面をつけている。カメラに写ったご飯の食器から、正宗に正体を見破られた。イラストには自分の目で見たものしか描かない。そのため、正宗の書く本のイラストには貧乳しか出てこない。エロマンガ先生と呼ばれることを嫌っており、呼ばれた時の返しは「そんな名前の人は知らない」。正宗と二人暮らしをしており、ご飯や用事がある時は床を叩いて鳴らすこと(いわゆる『床ドン』)で知らせている。風呂やトイレなど、部屋から出ざるを得ないとき以外は部屋に引きこもっている。
正宗がラブレターじみた原稿を渡して告白してきた際、「好きな人がいる」と返答した結果、「(正宗以外に)好きな人がいる」と認識されたことにショックを受けている。アニメ『星くず☆うぃっちメルル』のファン。なお、女の子のパンツが好きという一面も持ち、エルフやめぐみはその犠牲になった(パンツを見られた)ことがある。

作家・イラストレーター[編集]

山田 エルフ(やまだ エルフ)
声 - 高橋未奈美
和泉家の隣に住む超売れっ子作家の少女。13歳。中学2年生。得意ジャンルはライトファンタジー、エッチなラブコメ、異世界トリップ。だいたいロリータファッションをしており、自身の担当編集をする兄も持つ。さぼり癖があるが、本当の締切は一度も破らずに一定のペースで刊行している。いつも気丈に振る舞っているが、とても繊細な女の子。正宗に対し好意を抱いており、度々アプローチをかけている。
千寿 ムラマサ(せんじゅ ムラマサ)
声 - 大西沙織
正宗の年下の先輩作家。14歳。中学2年生。血液型はO型。千寿ムラマサはペンネームで、本名は「梅園花」。得意ジャンルは学園異能バトル。プロデビュー前のWeb作家時代から正宗の大ファンで、正宗の書いた小説は全て保存しているという。正宗と初めてあった時は着物姿であった。業界の間では仙人みたいな人と思われている。自身の売り上げを知らないどころか、自身が書いた本にも興味が無い。面白い本を読むためだけに本を執筆している。そのため、出版間隔もマイペースである。公の場では着物を着た和風美少女だが、プライベートでは父親の事を「パパ」と呼ぶなど、中学生の女の子らしい一面ものぞかせる。
獅童 国光(しどう くにみつ)
声 - 島崎信長
正宗と同じ出版社で活動する男性新人作家。20歳。血液型はA型。趣味はお菓子作り。ちょっとした誤解から、正宗を同性愛者だと長い間勘違いし、エロマンガ先生のことも「男」だと思い込んでいたが、第6巻の京香の捨て身のパフォーマンスのおかげで誤解は解けた模様。アルコールに弱く、酒に飲まれてしまうのが弱点。
草薙 リュウキ(くさなぎ リュウキ)
正宗の先輩作家。血液型はA型。著書『ぴゅあらぶ。』がアニメ化されている。同じ男性作家として正宗や国光との関係は良好である。アニメのBDの売上が振るわず、そのことをアフィリエイトブログ等で取り上げられ、一時期はやけ酒に走るなど荒れていたが、今ではある程度吹っ切れている。
アメリア・アルメリア
エルフの小説挿絵を担当するイラストレーター。愛称は「アルミ」。血液型はA型。エルフの幼馴染でもある。「エロマンガ先生G(グレート)」という名前で、自分が本物のエロマンガ先生だとして紗霧に喧嘩を売り、決闘を申し込んだことがある。
紗霧の強い要望により、正宗の小説『世界で一番可愛い妹』のコミカライズを担当する。紗霧に漫画の描き方を教える。

正宗・紗霧の友人[編集]

神野 めぐみ(じんの めぐみ)
声 - 木戸衣吹
紗霧のクラスメイト。12歳。血液型はB型。当初「複数の男性と関係を持っている」というニュアンスの発言をしていたため、正宗からはビッチと思われていたが実際はそういった経験はないことを見破られてしまった。人脈はがかなりある。ライトノベルを「キモオタ小説」と呼び、智恵と喧嘩寸前にまでなる。だが今ではラノベ愛読者。紗霧を学校復帰させようと行動するが毎回空振りに終わる。とても友達思いな一面もある。
高砂 智恵(たかさご ともえ)
声 - 石川由依
正宗の同級生。15歳。血液型はB型。「たかさご書店」の看板娘で、正宗の職業を知る異性の友人。ムラマサの大ファン。ラノベそのものの愛好家で、馬鹿にされると怒る。

編集者[編集]

神楽坂 あやめ(かぐらざか あやめ)
声 - 小松未可子
正宗やムラマサの担当編集の女性。血液型はO型。多数のヒット作を抱えるが、胡散臭い性格。
山田 クリス(やまだ クリス)
エルフの担当編集でエルフの実兄。血液型はAB型。本物のエルフのような容姿のイケメン。エルフのサボり癖に悩んでいる。

家族関係者[編集]

和泉 虎徹(いずみ こてつ)
正宗の実父で、京香の兄。血液型はA型。妻を亡くし、正宗が14歳の時に紗霧の母と再婚した。正宗の実母とは幼馴染みであった。正宗が小説家を目指そうと思い立った時に発した言葉が、亡くなった妻がかつて言った言葉と同じような感じであったため、その際は苦笑していた。京香からは兄妹以上の想いを抱かれているが、気付いてはいない。
初代・エロマンガ先生(しょだい・エロマンガせんせい)
紗霧の実母で、本名は現時点では不明。血液型はA型。イラストレーターで、アルミの師を務めていた。趣味の活動においてエッチな絵を描いていたことから『エロマンガ先生』と呼ばれ、後に紗霧の要望から娘にも描き方を教えている。だが、夫はその卑猥なイラスト活動に嫌悪感を抱き、価値観の違いから離婚にいたった。京香との関係は良好。
和泉 京香(いずみ きょうか)
正宗の父方の叔母。虎徹の妹。血液型はA型。正宗と紗霧の保護者として、2人に対し厳格に接する。硬い表情と厳しめな口調から恐れられているが、内心は正宗と紗霧のことを大切に想っており、仲良くしようと悩んでいる。エロマンガ先生が顔出しするというステージイベントでは、紗霧の影武者役として自身が出ることになった上、紗霧がデザインしたコスチュームまで着るはめになったが、羞恥心を押し殺して最後まで「エロマンガ先生」を演じきった。
梅園 麟太郎(うめぞの りんたろう)
千寿ムラマサ(梅園花)の父親。時代小説の大家。娘を溺愛している。

アニメスタッフ[編集]

赤坂 透子(あかさか とうこ)
マサムネの著書『世界で一番可愛い妹』がアニメ化した際の女性プロデューサー。血液型はA型。過去に『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』においても登場した大ヒットアニメ『星くず☆うぃっちメルル』のプロデューサーを務めるなど、若くして多数の実績を持つ敏腕。
雨宮 静枝(あまみや しずえ)
アニメ『世界で一番可愛い妹』の監督を務める女性。血液型はA型。以前『星くず☆うぃっちメルル』の監督を務めた。
葵 真希奈(あおい まきな)
アニメ『世界で一番可愛い妹』のシリーズ構成・脚本を担当する女性。眼鏡っ娘。血液型はO型。趣味はソシャールゲームと昼寝。社長令嬢でもある。過去に『星くず☆うぃっちメルル』の脚本を務めた。なかなか脚本を提出せず、脚本会議では居眠りをする怠け者であるが、正宗や赤坂の説得でやる気を出し、アニメ制作中は和泉家に居候して和泉兄妹の取材をすることで原作小説『世界で一番可愛い妹』の疑問点を解消して脚本作成に打ち込む。

その他[編集]

夏目 綾(なつめ あや)
めぐみの友人の一人。11歳。眼鏡っ娘で、ラノベ作家志望。正宗やリュウキ、国光が合コンを行った際、参加者としてめぐみが連れてきた。
白鳥 揚羽(しらとり あげは)
めぐみの友人の一人。8歳。めぐみ曰く、「友人の中では一番モテる」らしい。綾と同じく、合コンに参加する。

作中作[編集]

作中には実在するライトノベルや漫画、ゲーム、また、登場人物が創作する架空の小説や漫画、テレビアニメが存在する。

実在する小説・漫画[編集]

実在するゲーム[編集]

架空の小説・漫画[編集]

『〈転生の銀狼〉シリーズ』(てんせいのぎんろうシリーズ)
和泉マサムネの著書。学園異能バトルもので、マサムネの初のシリーズ完結作品である。
『世界で一番可愛い妹』(せかいでいちばんかわいい いもうと)
和泉マサムネの著書。アニメ化された。
『ブラックソード』
和泉マサムネのデビュー作。

架空のアニメ[編集]

『星くず☆うぃっちメルル』(ほしくず☆うぃっちメルル)
赤坂透子がプロデューサーを、雨宮静枝が監督を、葵真希菜が脚本を務めた、大人気アニメ。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』においても同名のアニメ作品が登場した。

既刊一覧[編集]

伏見つかさ(著)、かんざきひろ(挿絵)、アスキー・メディアワークス〈電撃文庫〉、既刊8巻。各巻タイトルにサブタイトルが付与されている。

巻数 タイトル 発売日 ISBN
1 エロマンガ先生 妹と開かずの間 2013年12月10日発行(同日発売)[25] ISBN 978-4-04-866081-5
2 エロマンガ先生(2) 妹と世界で一番面白い小説 2014年5月10日発行(同日発売)[26] ISBN 978-4-04-866531-5
3 エロマンガ先生(3) 妹と妖精の島 2014年10月10日発行(同日発売)[27] ISBN 978-4-04-866937-5
4 エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G 2015年3月10日発行(同日発売)[28] ISBN 978-4-04-869334-9
5 エロマンガ先生(5) 和泉紗霧の初登校 2015年9月10日発行(同日発売)[29] ISBN 978-4-04-865381-7
6 エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由 2016年3月10日発行(同日発売)[30] ISBN 978-4-04-865808-9
7 エロマンガ先生(7) アニメで始まる同棲生活 2016年8月10日発行(同日発売)[31] ISBN 978-4-04-892249-4
8 エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 2017年1月10日発行(同日発売)[32] ISBN 978-4-04-892597-6

漫画[編集]

KADOKAWAの『月刊コミック電撃大王』にて、2014年7月号より連載中。作画はrin

タイトル 発売日 ISBN
エロマンガ先生(1) 2014年11月10日[33] ISBN 978-4-04-866922-1
エロマンガ先生(2) 2015年5月9日[34] ISBN 978-4-04-865087-8
エロマンガ先生(3) 2016年1月9日[35] ISBN 978-4-04-865518-7
エロマンガ先生(4) 2016年8月10日[36] ISBN 978-4-04-892172-5
エロマンガ先生(5) 2017年3月10日[37] ISBN 978-4-04-892718-5

ラジオドラマ[編集]

2015年11月28日からニコニコ生放送で、電撃文庫×niconicoのメディアミックス企画「多数決ドラマ」の第一弾「俺の妹がこんなに可愛いわけがない featuring エロマンガ先生」が放送された。 また、電撃文庫秋の祭典2016のサテライトステージにおいて、再度配信された。

テレビアニメ[編集]

同じ原作者の『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第2期)』に引き続き、A-1 Picturesがアニメーション制作、アニプレックスの柏田真一郎がプロデューサーを担当する[38]。2017年4月よりTOKYO MXMBSBS11群馬テレビとちぎテレビテレビ愛知にて放送予定[39]。伏見つかさの作品がMBSで放送されるのは、前作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の第1期以来となる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ヒトリゴト」
歌 - ClariS[41]
エンディングテーマ「adrenaline!!!」
歌 - TrySail[42]

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 本放送 放送期間および放送時間[43]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [44] 備考
2017年4月9日 - 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) TOKYO MX 東京都
とちぎテレビ 栃木県
群馬テレビ 群馬県
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
日曜 2:58 - 3:28(土曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 アニメシャワー』第3部
日曜 21:00 - 21:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2017年4月12日 - 水曜 2:35 - 3:05(火曜深夜) テレビ愛知 愛知県

BD / DVD[編集]

発売日[45] 収録話 規格品番
BD限定版 DVD限定版
1 2017年6月28日予定 第1話 - 第2話 ANZX-12481/2 ANZB-12481/2

Webラジオ[編集]

ラジオで エロマンガSENSATION!』は、2017年4月7日より音泉にて隔週金曜に配信予定の番組[46]。パーソナリティは和泉紗霧役の藤田茜と山田エルフ役の高橋未奈美

ニコニコ生放送[編集]

ニコニコ生放送において、通常毎月最終火曜日21時に伏見つかさ10周年記念「アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります」が配信されている[47]。タイムシフト視聴は常に可能である。

通常アニメ制作において、ファンの意見が制作側に届く頃には作業が大きく進んでおり、それをアニメに反映できないのだが、この番組では早くから配信を行って、できるだけ視聴者の意見をアニメに反映していくことを目的としている。

出演[編集]

レギュラー
  • 藤田茜 - 声優(和泉紗霧 役)
  • 三木一馬 - 原作小説担当編集
  • 伏見つかさ - 原作者
  • 柏田真一郎 - アニプレックスプロデューサー
ゲスト
  • 第4回:椎名崇徳 - スクウェアエニックスプロデューサー
  • 第5回:高橋未奈美 - 声優(山田エルフ 役)
  • 第6回:石川由依 - 声優(高砂智恵 役)
  • 第8回:木衣伊吹 - 声優(神野めぐみ 役)
映像出演
  • 第3回、第8回:松岡禎丞 - 声優(和泉政宗 役)
  • 第8回:島崎信長 - 声優(獅童国光 役)
  • 第8回:竹下良平 - アニメ監督
  • 第8回:織田広之 - アニメキャラクターデザイン

配信日[編集]

  • 第1回 2016年7月26日(火)
  • 第2回 2016年8月30日(火)
  • 第3回 2016年9月27日(火)
  • 第4回 2016年10月25日(火)
  • 第5回 2016年11月29日(火)
  • 第6回 2016年12月27日(火)
  • 第7回 2017年1月31日(火)
  • 第8回 2017年2月24日(金)

内容[編集]

今月の藤田ニュース/今月の藤田茜ストーカー情報
第3回よりタイトルコール前に行われる。藤田茜の声優活動などの情報を三木一馬が調べ(番組内ではこれを『エゴサーチ』と呼んでいる)、視聴者に紹介するコーナー。下記の清純声優化計画の進捗状況も紹介される。第6回配信より全ての情報に関して許諾を取り、画像・映像と共に紹介される。
みんなでアニメ『エロマンガ先生』をつくろう!~柏田マニフェスト◯月号~
柏田真一郎が、番組内のコメントや番組に寄せられたメールで視聴者の要望を聞き、マニフェストとして出来るだけアニメに反映していくコーナー。
第4回以降は、マニフェストの進捗状況が発表される。
第6回では、公式ホームページの更新と共に、キービジュアル及び放送局の情報が初解禁された[48]
第7回では、アニメPV第1弾が初解禁された[49]
第8回では藤田茜がA-1 Picturesを訪問し第4話カット71の作画を行った[50]
伏見つかさ10周年記念企画
伏見つかさ10周年記念企画の最新情報、或いは進捗状況を提供するコーナー。第1回、第2回配信では、『俺の妹がこんなにかわいいわけがない』等身大フィギュアの情報が公開されるとともに、フィギュア化するキャラクターやそのポーズについてのニコ生視聴者アンケートが行われた[51][52]
第4回配信では、スマートフォンゲーム『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO』と『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のコラボについての発表があった[53]
第5回配信では、「あやせ等身大フィギュア」の1/2サイズの原型が公開された[54]
第6回配信では、『俺の妹』の桐乃及び黒猫の等身大フィギュア、エロマンガ先生の紗霧のフィギュアの視聴者アンケートが行われた[48]
藤田茜清純アイドル声優化計画
藤田茜のプロフィールに書かれる趣味や特技、また藤田茜自身をより清純化させるために様々な挑戦していくコーナー。この内の各企画にはサブタイトルが付与される。
『〜藤田茜アニメーターへの道〜』
毎回本作登場キャラクターのイラストを藤田茜が描き、発表する。第6回配信において藤田茜の作画参加が決定した[48]
実際の作画参加の様子は、柏田マニフェストのコーナーで紹介された。
『~あかねのエロマンガ♡クッキング(仮)~』
第4回配信で、藤田茜と柏田真一郎が料理対決を行った。判者は伏見つかさ[53]
『〜私とあなたの清純派ヒロイン対決〜』
第5回配信より、藤田茜とゲスト声優が、三木一馬と柏田真一郎のリクエストしたお題(シチュエーション)に対して、自分が最も清純だと思うセリフ・行動をする対決を行った。判定は、三木一馬と柏田真一郎、及び視聴者アンケートによる[54][48][50]。なお第7回配信では、出演予定であった大西沙織が病欠のため、藤田茜が二役を演じ分けた[49]
秘蔵映像!?
第8回に配信された、藤田茜による竹下監督インタビュー映像のコーナー[50]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エロマンガ先生:A-1がアニメ制作「俺妹」コンビのラノベが原作”. MANTANWEB. 2016年10月5日閲覧。
  2. ^ 電撃文庫『エロマンガ先生』のアニメ化が決定!”. 電撃オンライン. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2016年3月10日閲覧。
  3. ^ a b c アニメ『エロマンガ先生』和泉正宗の声は松岡禎丞さんが担当!”. 電撃オンライン (2016年9月27日). 2016年9月28日閲覧。
  4. ^ 小説第4巻、259頁。
  5. ^ 小説第1巻、103頁、195頁他。
  6. ^ 小説第1巻、195頁。
  7. ^ a b 小説第2巻、111頁。
  8. ^ 小説第2巻、126頁。
  9. ^ a b c 小説第2巻、127頁。
  10. ^ a b 小説第2巻、132頁。
  11. ^ a b 小説第2巻、256頁。
  12. ^ a b 小説第2巻、295頁。
  13. ^ a b 小説第3巻、144頁。
  14. ^ 小説第3巻、162頁。
  15. ^ 小説第3巻、209頁。
  16. ^ a b c 小説第5巻、99頁。
  17. ^ 小説第5巻、144頁。
  18. ^ 小説第5巻、240頁。
  19. ^ 小説第6巻、218頁。
  20. ^ 小説第8巻、108頁。
  21. ^ a b c 小説第8巻、109頁。
  22. ^ ありがとうエロマンガ先生!”. 活動報告 - 柳野かなた - 小説家になろう. 2017年2月18日閲覧。
  23. ^ 小説第8巻、111頁。
  24. ^ a b c d 小説第8巻、231頁。
  25. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生 妹と開かずの間”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2015年7月14日閲覧。
  26. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生(2) 妹と世界で一番面白い小説”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2015年7月14日閲覧。
  27. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生(3) 妹と妖精の島”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2015年7月14日閲覧。
  28. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2015年7月14日閲覧。
  29. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生(5) 和泉紗霧の初登校”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2015年9月10日閲覧。
  30. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2016年3月10日閲覧。
  31. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生(7) アニメで始まる同棲生活”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2016年8月10日閲覧。
  32. ^ 新刊/既刊情報>エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2017年1月10日閲覧。
  33. ^ 新刊/既刊一覧>エロマンガ先生(1)”. 電撃コミックス公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2015年7月10日閲覧。
  34. ^ 新刊/既刊一覧>エロマンガ先生(2)”. 電撃コミックス公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2015年7月10日閲覧。
  35. ^ 新刊/既刊一覧>エロマンガ先生(3)”. 電撃コミックス公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2016年1月9日閲覧。
  36. ^ 新刊/既刊一覧>エロマンガ先生(4)”. 電撃コミックス公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2016年8月10日閲覧。
  37. ^ 新刊/既刊一覧>エロマンガ先生(5)”. 電撃コミックス公式サイト. KADOKAWA、アスキー・メディアワークス. 2017年3月13日閲覧。
  38. ^ TVアニメ『エロマンガ先生』和泉紗霧役は藤田茜さん!”. アニメイトTV (2016年3月13日). 2016年3月13日閲覧。
  39. ^ On Air”. アニメ「エロマンガ先生」公式サイト. 2016年12月29日閲覧。
  40. ^ a b c d e f g h i Staff&Cast”. エロマンガ先生 | アニメ公式サイト. 2017年3月12日閲覧。
  41. ^ ★新曲「ヒトリゴト」4月~放送のTVアニメ「エロマンガ先生」オープニングテーマに決定!★ ☆NEWシングル「ヒトリゴト」として4月26日(水)にCD発売も決定!☆”. Sony Music. 2017年2月10日閲覧。
  42. ^ 4月新番組TVアニメ『エロマンガ先生』EDアーティストは「TrySail」に決定!AnimeJapan2017ステージにてライブ披露!”. PRTIMS. 2017年2月26日閲覧。
  43. ^ On Air”. エロマンガ先生 | アニメ公式サイト. 2017年3月12日閲覧。
  44. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  45. ^ Blu-ray&DVD”. エロマンガ先生 | アニメ公式サイト. 2017年3月12日閲覧。
  46. ^ ラジオで エロマンガSENSATION!”. 音泉. 2017年3月12日閲覧。
  47. ^ Special - 伏見つかさ10周年記念「最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります」アーカイブ”. アニメ『エロマンガ先生』公式サイト (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  48. ^ a b c d アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第6回”. ニコニコ生放送 (2016年12月27日). 2016年12月27日閲覧。
  49. ^ a b アニメ『エロマンガ先生』最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第7回”. ニコニコ生放送 (2017年1月31日). 2017年1月31日閲覧。
  50. ^ a b c アニメ『エロマンガ先生』最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第8回”. ニコニコ生放送 (2017年2月24日). 2017年2月24日閲覧。
  51. ^ アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第1回”. ニコニコ生放送 (2016年7月26日). 2016年10月2日閲覧。
  52. ^ アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第2回”. ニコニコ生放送 (2016年8月30日). 2016年10月2日閲覧。
  53. ^ a b アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第4回”. ニコニコ生放送 (2016年10月25日). 2016年12月4日閲覧。
  54. ^ a b アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第5回”. ニコニコ生放送 (2016年11月29日). 2016年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]