エレーナ・ボドレゾワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Pix.gif エレーナ・ボドレゾワ
Elena Vodorezova
Figure skating pictogram.svg
2011 Rostelecom Cup - Vodorezova.jpg
2011年ロステレコム杯
基本情報
代表国: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
生年月日: (1963-05-21) 1963年5月21日
出生地: モスクワ
引退: 1984年
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界選手権
1983 ヘルシンキ 女子シングル
欧州選手権
1978 ストラスブール 女子シングル
1982 リヨン 女子シングル
1983 ドルトムント 女子シングル

エレーナ・ゲールマノヴナ・ボドレゾワロシア語: Елена Германовна Водорезоваラテン翻字Elena Germanovna Vodorezova1963年5月21日 - )は、旧ソビエト連邦出身の女性フィギュアスケート選手で現在はフィギュアスケートコーチ。1976年インスブルックオリンピック1984年サラエボオリンピック女子シングルソビエト連邦代表。1983年世界選手権3位。結婚後はエレーナ・ブイアノワロシア語: Елена Буяноваラテン翻字Elena Buianova)としても活動。

経歴[編集]

1975-1976年シーズンより本格的に国際大会へ出場した。1976年インスブルックオリンピックではコンパルソリーフィギュアで18位と大きく出遅れ、フリースケーティングでは5位だったものの総合12位に終わる。1978年欧州選手権でソビエト連邦女子シングル選手として初めてのメダル獲得となる3位となったが、以後はケガに悩まされるようになり競技会から離れた。

1981-1982年シーズン、4シーズンぶりに出場した1982年欧州選手権で自身2度目となる3位となり、翌1982-1983年シーズンには1983年欧州選手権で2位、世界選手権では3位。これはソビエト連邦女子シングル選手初のメダル獲得でもあった。2度目のオリンピックとなった1984年サラエボオリンピックではメダル獲得も期待されたが、コンパルソリーフィギュアで2位スタートとなったものの、ショートプログラムおよびフリースケーティングで大きく乱れ総合8位に終わりメダル獲得はならなかった。のちに引退。

引退後はフィギュアスケートコーチとなり、タチアナ・タラソワとともにモスクワを拠点として主にロシア選手の指導を行っている。主な教え子にソチオリンピック金メダリストのアデリナ・ソトニコワエレーナ・ラジオノワマリア・ソツコワアナスタシヤ・グバノワ、男子シングルではアンドレイ・グリアゼフ(タラソワと共同で見ていた)、アルテム・ボロデュリンマキシム・コフトゥンアディアン・ピトキーエフらがいる。

主な戦績[編集]

大会/年 1975-76 1976-77 1977-78 1978-79 1979-80 1980-81 1981-82 1982-83 1983-84
オリンピック 12 8
世界選手権 11 7 6 棄権 5 3
欧州選手権 8 5 3 3 2 棄権

外部リンク[編集]