エレン・ハンコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エレン・ハンコック (英語: Ellen Hancock) は、アメリカ合衆国技術者実業家IBMの上級副社長/グループエグゼクティブ[1]を経て、1996年7月[2]から1997年7月まで、アップルコンピュータにてギル・アメリオCEOの片腕として研究開発担当上級副社長兼CTOを務めていた[3]。Exodus Communicationsの元会長兼CEO[4]

1996年にCopland計画を中止し、OPENSTEPを次期Mac OS(後のmacOS)の技術基盤として選んだ人物である[5]

出典[編集]

  1. ^ Apple and I.B.M. Are Seen Close to PC Accord By JOHN MARKOFF, Published: October 10, 1994
  2. ^ Ellen Hancock Joins Apple as Executive Vice President of Research and Development and Chief Technology Officer - Wayback Machine
  3. ^ 米Apple ComputerのCEOアメリオ氏辞任
  4. ^ 収益重視型に転換するエクソダス,その強みは? 2001.09.21 - IT mediaエンタープライズ
  5. ^ 米Apple社CTOエレン・ハンコック氏「マッキントッシュのテクノロジービジョン」

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
アイク・ナッシ
アップル研究開発担当上級副社長
1996年7月 - 1997年7月
次代:
アビー・テバニアン