エレクトロニックピアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RMIエレクトロニックピアノ

エレクトロニックピアノ: Electronic piano電子ピアノ)は、アナログ回路を用いてピアノ(および時にはチェンバロまたはオルガン)の音色を模倣するよう設計された鍵盤楽器である。今日、日本語の「電子ピアノ」は本稿で解説する「エレクトロニックピアノ」ではなく「デジタルピアノ」を指すことが多い。

概要[編集]

「エレクトロニックピアノ」はウーリッツァー社の人気のエレクトリックピアノ(電気ピアノ)の製品種目のために使われた商標でもあった。ウーリッツァーの「エレクトロニックピアノ」は1950年代から1980年代にかけて生産されたが、現在一般にエレクトロニックピアノと呼ばれているものとは異なる。エレクトロニックピアノはアナログシンセサイザー振動子を使って音を生成するという点においてそれらと同様に機能するのに対して、エレクトリックピアノは機械で動作する。エレクトリックピアノの音(の振動)はピックアップによって電気信号になり、次に内部または外部増幅器(アンプリファイア)を使って増幅される。

最初のエレクトロニックピアノは1970年代に遡り、大半がイタリアで作られていたものの[1]クルーマー社)、日本でも同様のモデルが同時に作られていた(ヤマハ・CPシリーズ#アナログ音源電子ピアノ)。例外はアメリカ合衆国で1967年から1980年頃までRMIによって作られた楽器のラインアップである。RMI社のエレクトロニックピアノはジェネシスイエスディープ・パープルエルトン・ジョンリック・ウェイクマンによって使用された[1]。RMIを含むこれらの初期のエレクトロニックピアノは速度感知式ではなく、オルガンと同様に鍵を強く叩くか柔く叩くかで音量は変化しなかった。「RMIの大きな欠点はタッチに対する感度を完全に欠いていたことだ。これはとても窮屈で、特にどれだけ軽くかすめたとしてもミスタッチの音が最大音量で鳴るんだ。」というトニー・バンクスの言葉がReid 2001で引用されている。

最初のエレクトロニック・グランドピアノはSt. James, NY. (Piano Nova Co.) のウィル・デッカーによって1979年に生産され、1981年に特許が取られた。これは初めての完全なタッチ感知式鍵盤とペダルを備えていた[2]

エレクトロニックピアノは1980年代に人気が低下した。1980年代には、デジタルピアノポリフォニックシンセサイザー手に入るようになり、アコースティックピアノの安価で、より小型で、より軽い代替品としてプロにも家庭での使用にも十分手頃な価格になった。

現代の用法において、「エレクトロニックピアノ」という用語はデジタルピアノまたはステージピアノ英語版を指すことがある。これは実のところ誤った名称である。エレクトロニックピアノは音を生成するためにアナログ合成を用いるのに対して、デジタルピアノは通常サンプリングを基にした合成を用いる。加えて、1980年代中頃の初期のデジタルピアノは大抵「個人用エレクトロニックピアノ」を意味した[3]

出典[編集]

  1. ^ a b Davies 2001
  2. ^ Decker 1981
  3. ^ buying a personal electronic piano”. mydigitalpianoreviews (2018年4月23日). 2018年6月12日閲覧。

参考文献[編集]

推薦文献[編集]

  • Tünker, Helmuth. 1975. Electronic-Pianos und Synthesizer. Nach industriellen Gesichtspunkten entworfene, jedoch für den Selbstbau geeignete Schaltungen. Munich: Franzis.
  • Weyer, Rolf-Dieter. 1973. "Typical Sound Characteristics of Piano Sounds, Analysed on the Basis of Piano Sounds and Piano-Like Sounds". In Papers of the 44th Convention of the Audio Engineering Society, Central Europe Section (1973): Rotterdam, edited by O. H. Bjor. New York: Audio Engineering Society.

関連項目[編集]