エレオノーレ・ユリアーネ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレオノーレ・ユリアーネ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ
Eleonore Juliane von Brandenburg-Ansbach
EleonoreJulianeBrandAnsbWürtt.jpg

出生 (1663-10-23) 1663年10月23日
アンスバッハ
死去 (1724-03-04) 1724年3月4日(60歳没)
アンスバッハ
埋葬 シュトゥットガルト参事会教会
配偶者 ヴュルテンベルク=ヴィンネンタールフリードリヒ・カール
子女 一覧参照
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯アルブレヒト
母親 ゾフィー・マルガレーテ・フォン・エッティンゲン=エッティンゲン
テンプレートを表示
エレオノーレ・ユリアーネ

エレオノーレ・ユリアーネ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハEleonore Juliane von Brandenburg-Ansbach, 1663年10月23日 - 1724年3月4日)は、ドイツブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯家の侯女で、ヴュルテンベルク=ヴィンネンタールフリードリヒ・カールの妻。

生涯[編集]

ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯アルブレヒトとその2番目の妻でエッティンゲン=エッティンゲン伯ヨアヒム・エルンストの娘であるゾフィー・マルガレーテ(1634年 - 1664年)の間の第5子、三女として生まれた。父にとっては6番目の娘である。1682年10月31日にアンスバッハにおいて、当時はヴュルテンベルク公領の摂政を務めていたフリードリヒ・カールと結婚した。夫は同年、結婚記念の貨幣を発行させている。

1698年に夫と死別し、1710年に娘のクリスティアーネ・シャルロッテが甥の辺境伯ヴィルヘルム・フリードリヒに嫁いだ際、娘と一緒に故郷に戻った。親交のあった福音派の神学者アウグスト・ヘルマン・フランケを支援したほか、自ら教会音楽の作曲も手がけた。死後、シュトゥットガルト参事会教会(Stiftskirche (Stuttgart))に埋葬された。

子女[編集]

夫との間に5男2女の7人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Horst Weigelt: Geschichte des Pietismus in Bayern, Vandenhoeck & Ruprecht, 2001, S. 212