エル・スール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エル・スール
El sur
監督 ビクトル・エリセ
脚本 ビクトル・エリセ
原作:
アデライダ・ガルシア・モラレス
製作 エリアス・ケレヘタ
出演者 オメロ・アントヌッティ
ソンソレス・アラングーレン
イシアル・ボリャン
音楽 エンリケ・グラナドス
撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ
編集 パブロ・ゴンザレス・デル・アモ
配給 日本の旗 フランス映画社
公開 スペインの旗 1983年5月19日
日本の旗 1985年10月12日
上映時間 95分
製作国 スペインの旗 スペイン
フランスの旗 フランス
言語 スペイン語
テンプレートを表示

エル・スール』(西: El sur: The South) は、1983年のスペイン映画(ドラマ)。監督はビクトル・エリセ

エリセ監督にとって2作目の長編であり、アデライダ・ガルシア・モラレスによる同名の短編小説を原作としている。当初、この映画の上映時間は3時間の予定だったが、プロデューサーのエリアス・ケレヘタが後半部90分の上映を許さず、上映時間95分の映画となった。1983年のカンヌ国際映画祭に正式出品された[1]。1996年、スペイン映画生誕100周年を記念して映画製作者と映画評論家によって行われた、歴代最高のスペイン映画を決める投票では、この作品が第6位にランクインした。

プロット[編集]

この映画は、スペイン北部のどこかで暮らす少女エストレーリャ(ソンソーレス・アラングレン)の物語である。エストレーリャは、父親アグスティン(オメロ・アントヌッティ)が文章に隠したらしき、「南部」の秘密に興味をそそられる。彼女が幼い頃、父親は謎めいた人物だった。やがて成長すると、かつて父親に恋人イレーネ(オーロール・クレマン)がおり、父親はまだイレーネを愛していることに気が付く。

キャスト[編集]

受賞[編集]

映画祭 部門 結果
サンパウロ国際映画祭 最優秀作品賞 受賞
シカゴ国際映画祭 最優秀作品賞 受賞
イベリコ・ブルデオス映画祭 最優秀作品賞 受賞

脚注[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: The South”. festival-cannes.com. 2009年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]