エル・カラファテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エル・カラファテ(El Calafate)は、アルゼンチンサンタ・クルス州にある都市。町の名の由来は、パタゴニア地方に生育する棘のある低木から。

概要[編集]

ウプサラ氷河などの水が流れ込むアルヘンティーノ湖に面した風光明媚な都市。人口は8,000人前後であるが、南パタゴニア氷原にある世界遺産ロス・グラシアレス観光の玄関口である[1]ことから、夏季は航空機の便が増えアクセス環境が良くなる。航空路線は、ブエノスアイレスから郊外にあるエル・カラファテ空港までの直行便が存在する。

出典[編集]

  1. ^ エル・カラファテ旅行情報文野旅行社ホームページ