エルヴォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Airvault
Blason ville fr Airvault 79.svg
Airvault église (4).JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏Proposed design for a flag of Aquitaine-Limousin-Poitou-Charentes.svg
(département) ドゥー=セーヴル県Blason département fr Deux-Sèvres.svg
(arrondissement) パルトネー郡
小郡 (canton) ル・ヴァル・ド・トゥエ小郡
INSEEコード 79005
郵便番号 79600
市長任期 オリヴィエ・フイエ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Airvaudais-Val du Thouet
人口動態
人口 3048人
2013年
人口密度 62人/km2
地理
座標 北緯46度49分38秒 西経0度08分11秒 / 北緯46.8272222222度 西経0.136388888889度 / 46.8272222222; -0.136388888889座標: 北緯46度49分38秒 西経0度08分11秒 / 北緯46.8272222222度 西経0.136388888889度 / 46.8272222222; -0.136388888889
標高 平均:m
最低:67m
最高:140m
面積 km2
Airvaultの位置(フランス内)
Airvault
Airvault
公式サイト airvault.fr
テンプレートを表示

エルヴォーAirvault)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ドゥー=セーヴル県コミューン

地理[編集]

ヴェルネ橋付近のトゥエ川

県北東部、オー=ポワトゥー地方に位置する。花崗岩と石灰岩、それぞれが主体の地域の谷に囲まれている。町の北西部分はトゥエ川の右岸で、川は平野とガティヌ地方の教会となっている。町は、ミルボー、ブレシュイールトゥアールパルトネーポワティエといった都市中心部から伸びる道路の交差点である。エルヴォーは、モンコントゥール、アルジャントン=シャトー、サン・ヴァラン、サン・ルー・ルメレ、そしてサン=ジュアン=ド=マルヌからの道路網の中心でもある。エルヴォーの近くには古いローマ道が通っていた。それはリモヌム(ポワティエ)とユリオマグス(アンジェ)を結んでいた。

エルヴォーはポワティエから約60kmの距離にあるが、子爵が代々治めた町トゥアールからは20kmの距離である。

歴史[編集]

1939年11月6日、ナチスドイツのポーランド侵攻後、フランス参謀部は、ポーランド義勇兵師団または16,000人の兵士たちのためヴェリュシェの森にベースキャンプと戦時倉庫を設置することに決めた(訓練キャンプはグルジェとテヌゼにあった)[1][2]。1940年1月4日の合意により、ポーランド軍はフランスにおいて再建された。ポーランド亡命政府がアンジェにおかれた。同盟国内にある外国軍としてこの軍は、フランス軍司令官の権限の下にあった。師団本部はパルトネー近くの町におかれていた。このベースキャンプは後にドイツ軍に占領され、マグレブ兵士捕虜たちが収容されていた。

1973年1月1日より、エルヴォーはボルク=シュル=エルヴォー、ブセ、スリエーヴルと合併した。1985年1月1日、ブセは合併を解消して再び単独のコミューンとなった[3]。ボルク=シュル=エルヴォーとスリエーヴルは準コミューンの地位を保持しており、それぞれのコミューンの首長はエルヴォー自治体議会に出席しなければならない。

経済[編集]

イタリアのイタルチェメンティグループの子会社、シマン・フランセの工場がある。

人口統計[編集]

1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
3855[4] 3797[5] 3234 3097 3146 3047

参照元:1975年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。source = Insee : 1968-1999[6], 2006[7], 2011[8], 2012[9].

史跡[編集]

  • エルヴォー城 - 11世紀。フランス歴史文化財[10]
  • ステレーヌの泉
  • サン・ピエール修道院およびサン・ピエール教会 - 12世紀。旧修道院は廃墟。教会は現在教区教会として運営されている。
  • ヴェルネ橋 - トゥエ川に架かる中世の橋。フランス歴史文化財[11]

脚注[編集]

  1. ^ La Résistance polonaise en France, DVD-rom édité sous la direction de Jean Medrala par la Société Historique et Littéraire Polonaise, 978-2-915742-29-9, juin 2013
  2. ^ [1] Lieux de mémoire Airvault
  3. ^ Code officiel géographique - Fiche de la commune d'Airvault sur le site de l'Insee, consulté le 30 novembre 2010.
  4. ^ Y compris la population de fr:Boussais, commune fusionnée à l'époque ; 3,302 habitants sans Boussais.
  5. ^ Y compris la population de fr:Boussais, commune fusionnée à l'époque ; 3,319 habitants sans Boussais.
  6. ^ {{{1}}} (PDF) « Évolution et structure de la population, tableau POP T1M », sur Insee (consulté le 18 juin 2013)
  7. ^ « Populations légales 2006 des communes du département », sur Insee (consulté le 18 juin 2013)
  8. ^ « Populations légales 2011 des communes du département », sur Insee (consulté le 29 décembre 2014)
  9. ^ « Populations légales 2012 des communes du département », sur Insee (consulté le 29 décembre 2014)
  10. ^ http://www.culture.gouv.fr/public/mistral/merimee_fr?ACTION=CHERCHER&FIELD_1=REF&VALUE_1=PA00101166
  11. ^ http://www.culture.gouv.fr/public/mistral/merimee_fr?ACTION=CHERCHER&FIELD_1=REF&VALUE_1=PA00101168