エルヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルヴ
Herve
Fromage-de-herve.jpg
基本情報
分類 ウォッシュタイプ[1][2]
原料 牛乳
原産国 ベルギー
原産地 ワロン地域エルヴ高原英語版リエージュ州
生産場所 酪農工場、酪農場
生産期間 一年中
形状 直方体(立方体)または角盤状。
立方体の形状からマルセル石鹸(マルセイユの石鹸)の異名をもつ[3]
重量 100g、200g、400g(400gがオリジナル[3]
脂肪分 45%
表皮 ウォッシュによるピンクに近い薄いオレンジ色。湿り気あり
熟成 2箇月以上
呼称統制 PDO(1996年)[4]
テンプレートを表示

エルヴフランス語: Fromage de Herveまたは単にHerve)は、ベルギーワロン地域のエルヴ高原で生産されるウォッシュチーズ。2015年時点で、ベルギーで唯一EUの原産地名称保護制度における保護原産地呼称(PDO)認証を受けているチーズである[3]。ベルギーで最も有名なチーズとも評される[5]ウォッシュチーズではあるが、洗う際に塩水だけでなく、ビールジンを使うケースもある[3]

起源は16世紀[2]とも13世紀ともいわれる[6]

同じタイプのチーズで特にルムドゥー(Remoudou)と呼ばれるものがある。『世界のチーズ図鑑』によれば、エルヴの400グラムタイプのうち、8週間熟成したものを特にそう呼ぶとしている[3]。一方で『チーズの選び方 楽しみ方』によればこれは単純に古称であり、400グラムの立方体形状のものを指すとしている[6]

開封したときの匂いは強烈[6]。未熟成のうちは甘いが熟成が進むと辛みを帯び、こうなると味が濃くなるので、dark breadとビールのセットとともに食すのが一般的[5]。他に定番とされるのは、パンにのせてのリンゴや洋梨のシロップ(リエージュシロップ英語版というこの地方特産のジャムのようなもの[7])をかけるという組み合わせもある[6]。伝統的にはコーヒーポートワインリキュールと合わせる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り本文および下記文献 (本間, 増井 & 山田 2009, p. 197) による。サイズの cm はセンチメートル。重量の g はグラム
  2. ^ a b c 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』182巻 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、197頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ a b c d e NPO法人チーズプロフェッショナル協会 『世界のチーズ図鑑』 マイナビ、2015年、142-143頁。ISBN 9784839954802https://books.google.co.jp/books?id=W4mYCgAAQBAJ 
  4. ^ DOOR”. EU. 2018年4月21日閲覧。 “Fromage de Herve”(英語)
  5. ^ a b Herve”. cheese.com. Worldnews, Inc. 2018年4月21日閲覧。(英語)
  6. ^ a b c d 本間るみ子、主婦の友社編、 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、60頁。ISBN 978-4-07-285215-6 
  7. ^ ベルギーを知ろう 州シリーズ1”. PETITS-POIS a.s.b.l.. 2018年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]