エルンスト・ヴィルヘルム・ボーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・ヴィルヘルム・ボーレ

エルンスト・ヴィルヘルム・ボーレErnst Wilhelm Bohle 1903年7月28日 - 1960年11月9日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党外国組織部ドイツ語版(NSDAP/AO)指導者。親衛隊にも所属しており、最終階級は親衛隊大将

略歴[編集]

生い立ち[編集]

エルンスト・ヴィルヘルム・ボーレは1903年7月28日にイギリスブラッドフォードにて大学教師であるヘルマン·ボーレ(Hermann Bohle 1877年 - 1943年)の息子として生まれた。

1906年に南アフリカケープタウンの学校に通った後に、ドイツのケルンベルリンの大学に通いそこで政治学経営学を学んだ。 1923年12月に、ベルリンにある商科大学の企業経営部門を卒業し、さまざまな英米企業で働く。1925年11月14日にゲルトルート・バッハマン(Gertrud Bachmann)と結婚した。1930年からは輸入業者として独立した。

ナチ党員として[編集]

1932年3月1日に国家社会主義ドイツ労働者党に入党し(党員番号999,185)、1933年9月13日に親衛隊少将の階級で親衛隊に入隊している(隊員番号276,915)。

1931年12月からは外国組織部ドイツ語版の指導者であるハンス・ニーラントドイツ語版の代理を務めるようになり、また南アフリカ及び南西アフリカ(後には北アメリカ)における党国外組織の責任者となった。ニーラントが1933年5月8日に外国組織部ドイツ語版の指導者からの辞職後、ボーレは外国組織部ドイツ語版の指導者となった。

また1933年11月の国会選挙では国会議員に当選している。1937年から1945年まで外務省次官を務めた。 1943年6月21日に親衛隊大将へと昇進している。

戦後[編集]

戦後はアメリカ軍の捕虜となり、ニュルベルク裁判においては証人となった。また1948年から行われたニュルンベルク継続裁判の一つである大臣裁判では被告となり懲役5年を言い渡されるが、1949年12月21日に釈放された。

釈放後はハンブルクで商業に従事した。1960年11月9日にデュッセルドルフで死去した。

キャリア[編集]

階級[1][編集]

受章[2][編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『Leaders of the SS & German Police, Volume I』137ページ
  2. ^ 『Leaders of the SS & German Police, Volume I』141ページ