エルンスト・ハインケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルンスト・ハインケル

エルンスト・ハインケルErnst Heinkel1888年1月24日 - 1958年1月30日)はドイツ航空機の設計者であり製造者である。 ドイツの航空機産業に多大な貢献をした。

幼少期[編集]

彼はグルンバッハGrunbach )に生まれた。彼は1909年フランクフルト航空ショーツェッペリンの飛行船を見て航空機に興味を抱くようになった。後にアンリ・ファルマンの設計図に基づく飛行機を製作した。

経歴[編集]

まもなく、彼は航空株式会社(Luft Verkehrs GesellschaftLVG)に勤務するようになった。アルバトロスに行き、ハインケルは アルバトロス B-IIを設計した。第一次世界大戦の初期に活躍した。アルバトロスでの仕事を離れてから彼はハンザ・ブランデンブルクHansa-Brandenburg )向けに複数の飛行艇を設計した。

1922年、ハインケルはヴァーネミュンデハインケル航空機会社を設立した。ヴェルサイユ条約(第三款・航空條項第百九十八條〜第二百二條)により航空機の製造を禁止されていたのでハインケルは飛行艇の設計図を持ってスウェーデンに渡った。そして、日本海軍向けにHD-25水上機を製造した。ドイツに戻った彼は客船ブレーメンに搭載する同様の射出式の郵便配達用の水上機を製作した。

ヒトラーが力を持つようになると、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)による膨大な軍拡を見越し、それ以前から支援を行っていたナチスに入党し、その政治的コンタクトを武器に会社は空軍の拡張のために第二次世界大戦終了まで急拡大し、強制労働などナチスの犯罪行為との共犯関係を強めた。[1]この時期に He 59He 115He111 が生産された。また1938年にはノーベル賞に対抗してナチス・ドイツが制定したドイツ芸術科学国家賞をニュルンベルクのナチス党党大会にて授与された。

ハインケルは高速機の開発に情熱を注いだ。そして飛行機の生産にも鋭い感性を示し、切り開いていった。その一例がターボジェット機の研究でハンス・フォン・オハインを援助したことである。ジェットエンジンは当初、イギリスホイットルによって開発されたが、先見性のあるハインケルの方が早く飛行した。ハインケル社の機体には常に「機体性能を追求するあまり技術的に複雑になりすぎ、量産性や実用面に問題がある」という欠陥があったことも不採用の理由であり、He 177のように採用されても失敗に終わった機体もあった。

ドイツ敗戦後、早急に会社の立て直しを図り名誉を回復するために、顧問弁護士らと自らをナチスによる犠牲者であるとする自己喧伝活動を展開し、連合軍による脱ナチ化の監査を免れるが、そのために彼がナチス党員ではなかったとするデマが広まる。しかし、その後の調査で、ナチスとの密接な関係、彼自身の日記での記述も自らに社会・政治的な何らの責任を感じていなかったことが明確になっている。[2]

戦後の1956年、彼はハインケル車体を設立した、多数の欧州バブルカーハインケル・カビーネを生産した、1958年の生産終了時までに5000台以上が生産された。アルゼンチンでは1961年までライセンス生産された。しかし、アイルランドでは品質管理に悩まされ、頓挫した。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]