エルンスト・エンゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルンスト・エンゲル
エルンスト・エンゲル
生誕 1821年3月26日
死没 1896年12月8日
研究分野 経済統計学
実績 エンゲル係数の考案とエンゲルの法則の提唱
テンプレートを表示

エルンスト・エンゲル(Ernst Engel, 1821年3月26日 - 1896年12月8日)は、社会統計を体系化したドイツ統計学者、経済学者。

人物・生涯[編集]

ドイツのドレスデンの生まれ。ドイツ社会統計学の代表的な人物の一人であり、プロイセン王国の統計局長官となり、官庁統計を整備し、統計教育に努めた[1]。家計の中でしめる食費の割合(エンゲル係数という)が貧富の階層差に密接に関連することを指摘した。

「エンゲルの法則」で有名。著書『人間の価値』『ベルギー労働者家族の生活費』など。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p207-208 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷

外部リンク[編集]