エルジュビェタ・ヤギェロンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルジュビェタ・ヤギェロンカElżbieta Jagiellonka1482年11月13日 - 1517年2月16日)は、ポーランドヤギェウォ王朝王女

ポーランド王カジミェシュ4世とその妻でローマ王(ドイツ王)アルブレヒト2世の娘であるエリーザベト(エルジュビェタ)の間の第13子、七女、末娘として生まれた。母に因んだ同じ洗礼名を持つ姉が2人いたが、いずれも夭折していた。若い頃、モルダヴィアボグダン3世英語版(隻眼公)から求婚されたが、結婚は実現しなかった。1515年11月26日、ブレスラウ司教トゥルゾー・ヤーノシュドイツ語版の司式により、レグニツァ公フリデリク2世と結婚した。1517年に第1子を死産した後、まもなく死去した。夫フリデリク2世は翌1518年、エルジュビェタの姪にあたるゾフィー・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハドイツ語版と再婚した。