エリーナ・ガランチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリーナ・ガランチャ
Elīna Garanča
Elina Garanca.jpg
Elīna Garanča
基本情報
生誕 (1976-09-16) 1976年9月16日(42歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Latvian SSR.svg ラトビア・ソビエト社会主義共和国リガ
出身地  ラトビア
学歴 ラトビア音楽アカデミー
ジャンル オペラ、コンサート、歌曲
職業 歌手
活動期間 1999年 -
レーベル ドイツ・グラモフォン
公式サイト www.elinagaranca.com

エリーナ・ガランチャElīna Garanča1976年9月16日 - )は、ラトヴィア出身のメゾソプラノ歌手。

来歴[編集]

エリーナ・ガランチャはラトビアのリガに、父ヤーニャ Jāņa は合唱指揮者、母アニタ Anita は声楽家 [1][2][3]ラトビア音楽アカデミー教授、ラトビア文化アカデミー準教授、ラトビア国立歌劇場声楽教師、声楽個人教師 [4][5] という音楽一家に生まれた [注 1] 。エリーナの三歳年上の兄ヤーニス Jānis(Jaanis)・ガランチャも音楽教育を始めたが、現在はインタラクティブ・コンピュータ・ビジュアル・メディア・アーティスト、コンサルタントである [6] 。ピアノ、音楽理論、ソルフェージュの教育を5歳から始める。「音楽とステージが私を捉えた。私は他に何かを想像することはできませんでした」 [7] 。彼女の将来は定められているかのようだった [注 2]

1996年ラトビア音楽アカデミーに入学し、セルゲイ・マルティノフ Sergej Martinov に声楽を学ぶ。その後ウィーンでイリナ・ガブリロヴィッチ Irina Gavrilović 、アメリカ合衆国でヴァージニア・ゼアーニ Virginia Zeani (enに学んだ。1999年ヘルシンキのミリアム・ヘリン国際声楽コンクールで優勝。プロとしてのキャリアをマイニンゲンマイニンゲン州立劇場で始め、その後フランクフルト歌劇場に移った。2003年マスカーニカヴァレリア・ルスティカーナ』のローラ役でウィーン国立歌劇場の初舞台を踏んだ [注 3][注 4]

2003年ザルツブルク音楽祭ニコラウス・アーノンクール指揮によるモーツァルト皇帝ティートの慈悲』のプロダクションでアンニオを歌い、ガランチャの国際的な活躍が始まった。ウィーン国立歌劇場での『ウェルテル』シャルロット、『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラ、2005年のパトリス・シェロー演出によるパリのプロダクションでの同役など大役がすぐに続き、ドイツ・グラモフォンとのレコーディング契約も結んだ。2006年には『皇帝ティートの慈悲』に戻り、このときはセスト役を歌っている。2007年コヴェント・ガーデンにドラベッラ役でデビュー。アンナ・ネトレプコラモン·ヴァルガスリュドヴィク・テジエマルコ・アルミリアート指揮の南西ドイツ放送交響楽団と共にバーデン=バーデン祝祭劇場のサマー・ガラコンサートに出演した。この模様はドイツのテレビ局が中継し200万人が視聴した [3]

2008年1月12日、ガランチャはニューヨークメトロポリタン歌劇場ロッシーニセビリアの理髪師』のロジーナ役でデビューを飾った。バーナード・ホランド Bernard Holland が『ニューヨーク・タイムス』に記している:

「ガランチャ女史は本物である(...)現代の歌唱技術をロッシーニの19世紀初期における速さ、軽さ、アスレチックなアーティキュレーションを重要視する困難に適応させ、ステージ上で隈なく快適に聴けたのはガランチャ女史ひとりだった。リリックなパッセージが歌い出され、せわしないエピソードは完全に手の内にあった。」 [8]

ガランチャはメトロポリタン歌劇場2010年プロダクション『カルメン』の主役を歌った。2011年ラインガウ音楽祭のオープニングコンサートで、パーヴォ・ヤルヴィ指揮のhr交響楽団アルバン・ベルク7つの初期の歌曲』をエーバーバッハ修道院で演奏した [9]

家族[編集]

2006年指揮者カレル・マーク・チチョンと結婚し、2011年9月30日最初の娘キャサリン・ルイーズ Catherine Louise が [10] 、2014年1月10日に二女クリスティーナ・ソフィーが生まれている。

受賞歴[編集]

主な役柄[編集]

ディスコグラフィ[編集]

CD[編集]

オムニバス

DVD[編集]

(オムニバス)

  • 2002 - Operdziedataja uz skritulslidam (Primadonna on Roller Skates) - Documentary feature / Rigas kinostudija
  • 2007 - The Opera Gala - Live from Baden Baden - Baden Baden Gala 2007, Anna Netrebko, Ramón Vargas, Ludovic Tezier, Marco Armiliato (cond.), SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg / Deutsche Grammophon
  • 2011 - Salzburg Opening Concert 2010 ; Bruckner Te Deum - Dorothea Röschmann (soprano), Klaus Florian Vogt (tener), René Pape (bass), Daniel Barenboim (cond.), Wiener Philharmoniker / C Major
  • 2011 - New Year's Eve Concert Gala 2010 - Gustavo Dudamel (cond.), Berliner Philharmoniker / Deutsche Grammophon

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 農場を営む祖父さえ「素晴らしいバリトンだった」と語っている(Waleson 2010)。
  2. ^ 父親の合唱団で歌うようになると、彼に「そんなに大声で歌ってはいけない。ソリストではないのだから。」と注意されたというエピソードがある(Waleson 2010)。
  3. ^ ガランチャは、駆け出しの頃の容易ならざる道筋は正しかったと振り返っている: 「私はドイツ語を話せず、不幸で、イライラしていました。ラトビアへ電話しては言っていたものです: 「家へ帰る」。ウィーンではリハーサルは2日で、役経験の有無はまったく問題にされません。私のロールデビューは、あたかも水なしで75マイルを走り!、翌朝目を覚ますような感覚でした。しかしそれは、声と体を認識し理解する訓練となり、私にこのビジネスでの準備をさせてくれました。私は、一夜のスターダムを信じてはいません。一夜のスターダムは一夜にして消え去ります。ラトビアでは「ゆっくり来たものは、より長くつづく」と言います。」(Waleson 2010)。
  4. ^ この年の11~12月、新国立劇場のプロダクション、オッフェンバックホフマン物語』でニクラウス/ミューズを演じ来日した(Deutsche Grammophon)。

出典[編集]

  1. ^ Gurewitsch, Matthew (2009年6月28日). “A Mezzo Kicks Up Her Heels in High Style” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/06/28/arts/music/28gure.html 2010年6月27日閲覧。 
  2. ^ Loomis, George (2008年1月10日). “Opera's Switch Hitter” (英語). The New York Sun. http://www.nysun.com/arts/operas-switch-hitter/69271/ 2010年6月27日閲覧。 
  3. ^ a b Elina Garanca - Biography” (英語). Deutsche Grammophon. 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ Kuusisaari, Harri (2009年7月22日). “Latvian blonde is eager to alter her image” (英語). The Mirjam Helin International Singing Competition. Finnish Cultural Foundation. 2013年5月26日閲覧。
  5. ^ Anita Garanča” (英語). www.anita.garanca.info. 2013年5月26日閲覧。
  6. ^ Jaanis Garancs” (英語). www.garancs.net. 2013年5月26日閲覧。
  7. ^ Waleson, Heidi (2010年). “Elīna Garanča - Vocalist of the Year 2010” (英語). www.musicalamerica.com. 2013年5月25日閲覧。
  8. ^ Holland, Bernard (2008年1月14日). “Barreling Through Rossini With a ‘Noises Off’ Rhythm” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/01/14/arts/music/14barb.html?ref=music 2008年1月14日閲覧。 
  9. ^ Klaus Ackermann (2011年6月27日). “Magische Momente” (ドイツ語). op-online.de. 2011年6月27日閲覧。
  10. ^ Garanča Baby” (英語). The Eyes Have It (2011年11月15日). 2011年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]