エリーザベト・フォン・バイエルン (1383-1442)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブランデンブルク選帝侯夫人エリーザベト

エリーザベト・フォン・バイエルンElisabeth von Bayern, 1383年 ランツフート - 1442年11月13日 アンスバッハ)は、ドイツバイエルン=ランツフート公爵家の公女。初代のブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世の妻。美貌で知られ、「佳人エルゼ(Schöne Else)」と謳われた。

バイエルン公フリードリヒとその2番目の妻マッダレーナ・ヴィスコンティの間の長女としてトラウスニッツ城ドイツ語版で生まれた。同名の異母姉エリーザベトがいたが、誕生の前年に嫁ぎ先で死去している。1401年9月18日、ニュルンベルク城伯フリードリヒ6世と結婚、夫は1415年にブランデンブルク選帝侯に昇格した。

夫君がイタリアハンガリーへの軍事遠征、コンスタンツ公会議への出席と長期にわたって領内を不在にしていたため、代わりに妻のエリーザベトがその賢明さ、有能さをもって領内の深刻な諸問題に対処した。

子女[編集]

夫との間に10人の子女があった。

参考文献[編集]

  • Bernhard Glasauer: Herzog Heinrich XVI. (1393–1450) der Reiche von Bayern-Landshut. Territorialpolitik zwischen Dynastie und Reich (= Münchner Beiträge zur Geschichtswissenschaft. Band 5). Herbert Utz Verlag, München 2009, ISBN 978-3-8316-0899-7 (zugleich Dissertation, Universität München 2009).
  • Marita A. Panzer: Wittelsbacherinnen. Fürstentöchter einer europäischen Dynastie. Pustet, Regensburg 2012, ISBN 978-3-7917-2419-5, S. 37–48.

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エリーザベト・フォン・バイエルン (1383-1442)に関するカテゴリがあります。