エリーザベト・フォン・エスターライヒ (1526-1545)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト(1550年頃、ポーランドの宮廷画家による)

エリーザベト・フォン・エスターライヒ:Elisabeth von Österreich, 1526年6月9日 - 1545年6月15日)は、のちの神聖ローマ皇帝フェルディナント1世(当時はドイツ王オーストリア大公ボヘミア王、ハンガリー王)と妃アンナの長女。ポーランドジグムント2世の最初の妃。

1543年に王太子であったジグムントと結婚したが、2年後の1545年、王妃となることも子を得ることもなく死去した。

ジグムント2世はその後2度再婚したが、3度目の妃カタリーナはエリーザベトの妹である。