エリーザベト・ゾフィー・フォン・ブランデンブルク (1589-1629)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリーザベト・ゾフィー・フォン・ブランデンブルク
Elisabeth Sophie von Brandenburg
ElisabethSophieBrandRadz.JPG

出生 (1589-07-04) 1589年7月4日
ベルリン
死去 (1629-12-24) 1629年12月24日(40歳没)
フランクフルト・アン・デア・オーダー
埋葬 フランクフルト・アン・デア・オーダー、聖母マリア教会
配偶者 ヤヌシュ・ラジヴィウ
  ユリウス・ハインリヒ・フォン・ザクセン=ラウエンブルク
子女 ボグスワフ
フランツ・エルトマン
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルク
母親 エリーザベト・フォン・アンハルト
テンプレートを表示

エリーザベト・ゾフィー・フォン・ブランデンブルクElisabeth Sophie von Brandenburg, 1589年7月4日 - 1629年12月24日)は、ドイツのブランデンブルク選帝侯家の公女。

生涯[編集]

ブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルクとその3番目の妻でアンハルト侯ヨアヒム・エルンストの娘であるエリーザベトの間の第6子、三女として生まれた。父にとっては6番目の娘である。

1613年3月27日、ポーランド・リトアニア共和国の大貴族で、ビルジャイとドゥビンギャイの領主であるヤヌシュ・ラジヴィウ侯と最初の結婚をした。ヤヌシュとの間には息子のボグスワフ(1620年 - 1669年)をもうけたが、1620年には死別した。

1628年、エリーザベト・ゾフィーは自らの寡婦財産であるリヒテンベルクの街と城を、バイロイト侯領を治める同母兄のブランデンブルク=バイロイト辺境伯クリスティアンに売却した。リヒテンベルクの所領は、夫のヤヌシュが1617年に貴族のヴァルデンフェルス家から買い取って妻に与えたものだった。

エリーザベト・ゾフィーは1628年2月27日にザクセン=ラウエンブルク公世子ユリウス・ハインリヒと再婚した。夫妻には息子のフランツ・エルトマン(1629年 - 1666年)が生まれた。エリーザベト・ゾフィーは1629年に死去。フランクフルト・アン・デア・オーダーの聖母マリア教会に葬られた。