エリベルト・ラスカーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エリベルト・ラスカーノ
Heriberto Lazcano
生誕 1974年12月25日
メキシコの旗 メキシコ
イダルゴ州アパン英語版
現況 死亡
死没 (2012-10-07) 2012年10月7日(37歳没)
メキシコの旗 コアウイラ州プログレソ
別名 Z-3(ゼータ3)
El Lazca
団体 ロス・セタス
肩書き 最高幹部
後任者 ミゲル・トレビーニョ・モラレス
敵対者 メキシコ軍
メキシコ連邦警察
ガルフ・カルテル
シナロア・カルテル

エリベルト・ラスカーノ・ラスカーノスペイン語: Heriberto Lazcano Lazcano別名: Z-3、1974年12月25日 - 2012年10月7日)は、メキシコ麻薬カルテルロス・セタス」の最高幹部。アルトゥーロ・グスマン・デセナに雇い入れられた元同僚の一人である。

セタスを常軌を逸した残虐集団に変容させた張本人で、"El Verdugo"(処刑人、死刑執行人という意味)という通り名で恐れられていた。

人物[編集]

イダルゴ州アパン英語版の農村で育ち、17歳で陸軍に入隊した。その後、メキシコ軍特殊部隊に配属され、上官だったデセナとともにアメリカやイスラエルでの訓練やゲリラとの戦闘を経験した経歴を持つ。自らがセタスのリーダーとなってからはメキシコの軍人や警察、路上の犯罪者だけでなく、グアテマラの残虐さで知られる特殊部隊(カイビレス)出身者を雇って組織を拡大させ[1]、最大時には10,000人もの勢力を築き上げていた。

競馬と金髪女性を好んでいたとされるが、私生活については謎が多い。野心的かつ冷酷な性格で、対立相手を捕らえると、生きたまま頭部を切り落とす、食べ物を与えず飢えさせる、野生動物のエサにするなどして楽しんでいたとされる[2]。また、失態を犯した部下には「ラ・パレータ」(パレット、メキシコのアイスキャンディーの商品名)といって、2×4の角材で数日間かけて撲殺する方法を用いていた[3]

一説には少なくとも100人以上の敵対者を殺害したと言われており、メキシコ政府は260万ドル、アメリカ政府は500万ドルの賞金を懸けていた。

死亡[編集]

2012年10月7日に発生したメキシコ海軍との銃撃戦で死亡した[4][5]。この銃撃戦で彼の部下1人も死亡し、また、彼らを狙った海兵隊員1人も手榴弾の爆発で怪我を負った[6]

メキシコ当局は同年10月10日、同氏の遺体が葬儀場に押し入ってきた武装集団によって奪われたことを明らかにした[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連[編集]

リンク[編集]