エリデス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリデス属
Aerides odoratum - Flickr 003.jpg
Aerides odoratum
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ラン科 Orchidaceae
亜科 : バンダ亜科 Vandoideae
: エリデス属 Aerides
学名
Aerides Lour.
タイプ種
Aerides maculosa Lindl.

本文参照

エリデス属 Aerides は、ラン科植物の属の一つ。小さなきれいな花を沢山付けた穂を、普通は長く垂らす。

特徴[編集]

常緑多年生草本着生植物[1]。茎は多少長く伸び、革質の葉を2列互生に出す。比較的小型のものが多い[2]

花序は葉腋から出て長く伸び、多数の花を付け、多くは下向きに垂れる。花被片は幅広く、側萼片の基部は蕊柱延下部と合着する。唇弁の基部は蕊柱延下部に繋がり、そこから短い距が出る。唇弁の先端は3裂し、側裂片が大きくて、中裂片は反る。小嘴体はよく発達して2裂する。花粉塊は2個、球形で溝があって、細長い花粉塊柄に繋がる。また、どの種もよい香りを持つ[3]

学名は「空気」と「類似」を組み合わせたもの[4]で、まとめると「空気に似ている」の意と取れ、これは小数の根で樹幹に付着する姿が、まるで空中に浮いているように見えることによる[5]とも。

分布など[編集]

東南アジアに約20種がある。

分類[編集]

本属には日本産のナゴラン Sedirea japonica が含まれていたが、これは別属として1974年に区分された。違いとしては蕊柱が長く、その脚部は短いことなどがあげられる。ちなみにナゴラン属の学名は本属の学名の綴りを逆に並べたものである[6]トリコグロッティス属とは唇弁と距の形態が異なることで区別出来る[7]

代表的な種
  • Aerides
    • A. falcatum
    • A. fieldingii
    • A. houlletiana
    • A. krabiensis
    • A. lawrenceae
    • A. odoratum オドラツム
    • A. radicosum

利用[編集]

洋ランとして観賞用に栽培される。洋ランとしての略称は Aer. である。

属間雑種も作出されており、以下のようなものがある。

出典[編集]

  1. ^ 以下、記載は主として唐沢監修(1996),p.24
  2. ^ 岡田(2013),p.105
  3. ^ 斎藤(2009),p.72
  4. ^ 唐沢監修(1996),p.24
  5. ^ 横田(1997),p.148
  6. ^ 横田(1997),p.148
  7. ^ 唐沢監修(1996),p.24

参考文献[編集]

  • 唐澤耕司監修、『蘭 山渓カラー図鑑』(1996)、山と渓谷社
  • 横田昌嗣、「ナゴラン」:『朝日百科 植物の世界 9』、(1997)、朝日新聞社:p.148-149
  • 岡田弘、『咲かせ方がよくわかる はじめての洋ランの育て方』、(2011),主婦の友社
  • 齋藤亀三、『世界の蘭 380』,(2009)、主婦の友社(主婦の友ベストBOOKS)