エリック・ヤング・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリック・ヤング・ジュニア
Eric Young, Jr.
DSC 0724 Eric Young, Jr..jpg
ニューヨーク・メッツ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州ミドルセックス郡ニューブランズウィック
生年月日 (1985-05-25) 1985年5月25日(32歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手二塁手
プロ入り 2003年 MLBドラフト30巡目(全体887位)でコロラド・ロッキーズから指名
初出場 2009年8月25日
年俸 $535,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エリック・オーランド・ヤング・ジュニアEric Orlando Young, Jr. , 1985年5月25日 - )は、 アメリカ合衆国ニュージャージー州ミドルセックス郡ニューブランズウィック出身のプロ野球選手外野手)。右投両打。現在はフリーエージェント

通算465盗塁エリック・ヤングを父に持つ[2]

経歴[編集]

プロ入りとロッキーズ時代[編集]

2003年MLBドラフト30巡目(全体887位)でコロラド・ロッキーズから指名され、翌年の6月に入団[2]

2009年オールスター・フューチャーズゲームに選ばれ3ラン本塁打を記録している。8月25日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビューを果たした。

2012年は196打席で打率.316、4本塁打を記録して成長を印象付けた。8月8日には球団史上初の先頭打者ランニング本塁打を放った[3]

2013年6月12日DFAとなった[4]

メッツ時代[編集]

2013年6月18日コリン・マクヒューとのトレードで、ニューヨーク・メッツに移籍した[5]。移籍後は、ロッキーズ時代とは別人のように活躍した。最終的に、同年は46盗塁で、初のナ・リーグ盗塁王のタイトルを獲得した[6]

ブレーブス時代[編集]

2015年2月13日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結び[7][8]、4月5日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。ブレーブスでは35試合に出場し、13安打で2本の三塁打を放つなど、高い走力を垣間見せた面もあったが、総じては打率.169・3盗塁と大不振だった。6月5日にDFAとなり、マイナー契約に切り替えて残留した[9]

メッツ復帰[編集]

2015年8月22日に金銭トレードで、メッツへ移籍し[10]9月1日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[11]。メッツでは18試合で盗塁を3つ決めたが、ヒットは放たなかった。2015通年では、53試合の出場で打率.153・5打点・6盗塁という成績に終わり、2013年からの2年連続30盗塁以上を含む5シーズン連続二桁盗塁の記録が途切れた。

ブルワーズ傘下時代[編集]

2016年1月5日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ[12]。シーズンでは傘下のAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスでプレーした。

ヤンキース時代[編集]

2016年8月31日に金銭トレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。9月2日にメジャー契約を結んでレギュラーシーズン終了までヤンキースでプレーしたが、6試合の出場で1盗塁、打席に立ったのは一度だけで安打は打てなかった。10月6日40人枠を外れる形で傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースへ配属された[13]

エンゼルス時代[編集]

2017年1月24日ロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。開幕は傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズで迎え、マイク・トラウトが故障者リストしたことにより[14]5月29日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[13]5月30日のブレーブス戦で8回にアローディス・ビスカイーノからシーズン初本塁打にして2014年以来3年ぶりとなる本塁打を記録した[14]7月13日に40人枠から外れ、AAA級ソルトレイク・ビーズに降格した[13]。8月29日にバド・ノリスの故障者リスト入りに伴い、メジャーに昇格[15]11月3日にFAとなった[13]

選手としての特徴[編集]

父譲りの俊足を誇り、2013年には史上初めて親子で盗塁王となった。

守備位置は元々二塁手であったが、2011年からは外野手としての出場の方が多くなっている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 COL 30 61 57 7 14 1 0 1 18 1 4 4 0 0 4 0 0 12 1 .246 .295 .316 .611
2010 51 189 172 26 42 5 1 0 49 8 17 6 0 0 17 0 0 32 2 .244 .312 .285 .597
2011 77 229 198 34 49 4 3 0 59 10 27 4 1 1 26 0 3 38 1 .247 .342 .298 .640
2012 98 196 174 36 55 7 2 4 78 15 14 2 5 0 13 0 4 31 1 .316 .377 .448 .825
2013 57 180 165 22 40 9 3 1 58 6 8 4 4 0 11 0 0 33 1 .242 .290 .352 .641
NYM 91 418 374 48 94 18 4 1 123 26 38 7 6 1 35 1 2 67 5 .251 .318 .329 .647
'13計 148 598 539 70 134 27 7 2 181 32 46 11 10 1 46 1 2 100 6 .249 .310 .336 .645
2014 100 316 280 48 64 10 5 1 87 17 30 6 5 2 24 1 5 60 2 .229 .299 .311 .610
2015 ATL 35 85 77 7 13 4 2 0 21 5 3 0 2 0 6 1 0 17 1 .169 .229 .273 .502
NYM 18 9 8 9 0 0 0 0 0 0 3 2 0 0 0 0 1 1 0 .000 .111 .000 .111
'15計 53 94 85 16 13 4 2 0 21 5 6 2 2 0 6 1 1 18 1 .153 .217 .247 .464
2016 NYY 6 1 1 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
MLB:8年 563 1684 1506 239 371 58 20 8 493 88 145 35 23 4 136 3 15 291 14 .246 .314 .327 .642
  • 2016年度シーズン終了時。
  • 太字はリーグ1位。

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 4(2009年 - 同年途中、2015年 - 同年途中)
  • 3(2009年途中 - 2010年)
  • 1(2011年 - 2013年途中、2015年途中 - 同年終了)
  • 22(2013年途中 - 2014年)
  • 48(2016年)
  • 8(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Eric Young Jr. Contract Details, Salaries, & Earnings”. Spotrac. 2017年7月14日閲覧。
  2. ^ a b Eric Young Jr: Like Father, Like Son FanGraphs Baseball
  3. ^ Eric Young Jr. talks about unique inside-the-park home run The Denvor Post
  4. ^ Thomas Harding (2013年6月13日). “Young Jr. designated for assignment; Volstad up” (英語). MLB.com. 2017年7月14日閲覧。
  5. ^ Anthony DiComo (2013年6月18日). “Mets acquire Young from Rockies for McHugh” (英語). MLB.com. 2017年7月14日閲覧。
  6. ^ Chris Iseman; Anthony DiComo (2013年6月18日). “Young eyeing NL stolen base crown” (英語). MLB.com. 2017年7月14日閲覧。
  7. ^ “Eric Young Jr, Braves reach minor league deal”. Associated Press. ESPN.com. (2015年2月13日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=12322381 2015年3月10日閲覧。 
  8. ^ Mark Bowman (2015年2月13日). “Braves ink speedy Young to Minor League deal”. http://m.braves.mlb.com/news/article/109206942/braves-ink-speedy-veteran-eric-young-jr-to-minor-league-deal 2015年3月10日閲覧。 
  9. ^ Igor Mello (2015年6月5日). “Braves activate Joey Terdoslavich, DFA Eric Young Jr.” (英語). FANTASY NEWS. CBSSports.com. 2015年9月3日閲覧。
  10. ^ Ruben Palacios (2015年8月22日). “Mets acquire CF Eric Young from Braves” (英語). FANTASY NEWS. CBSSports.com. 2015年9月3日閲覧。
  11. ^ Sean d'Oliveira (2015年9月1日). “Mets activate Bobby Parnell, make other moves” (英語). FANTASY NEWS. CBSSports.com. 2015年9月3日閲覧。
  12. ^ “Brewers sign Eric Young Jr. to minor-league deal, invite to camp”. Fox Sports. (2016年1月5日). http://www.foxsports.com/wisconsin/story/milwaukee-brewers-eric-young-jr-sign-minor-league-deal-invite-to-spring-training-camp-010516 2016年9月5日閲覧。 
  13. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年11月20日閲覧。
  14. ^ a b Young Jr.'s homer wins it, but 600 eludes Pujols” (英語). MLB.com (2017年6月1日). 2017年6月4日閲覧。
  15. ^ Trout misses 2nd straight start with stiff neck MLB.com (英語) (2017年8月30日) 2017年9月4日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]