エリック・ハイドシェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エリック・ハイドシェックÉric Heidsieck, 1936年8月21日 - )はフランスピアニストシャンパーニュ地方のランス生まれ。ドイツ系の家系であり、独語読みの場合はハイトジーク仏語読みではアイドシック。有名なシャンパン醸造元シャルル・エドシック英語版(アイドシック)家の御曹司。父はアマチュアチェロ奏者、母はピアニストという恵まれた音楽環境の元で育ち、5歳でピアノを始める。

エリック・ハイドシェックはアルフレッド・コルトーの愛弟子の一人であり、コルトーの勧めで6歳より本格的な勉強を始める。1952年にパリ国立高等音楽院に進学。ブランシュ・バスクレ・ド・ゲラルディ(Blanche Bascouret de Gueraldi)、マルセル・シャンピに師事。1954年にプルミエ・プリ(首席)で卒業する。

1955年フランス、サル・ガヴォーでデビューを果たし、同年パリのシャンゼリゼ劇場でのリサイタルが成功し、名声を高める。1957年にはヴィルヘルム・ケンプの薫陶も受けている。

1960年にアメリカデビューを果たし、ターニャと結婚。50年代末から60年代にかけてのハイドシェックは主にモーツァルト弾きとして、ヴァンデルノート第20番第21番第23番第24番第25番第27番のピアノ協奏曲の録音を残している。また師匠のアルフレッド・コルトーには彼の死の年(1962年)まで指導を受ける。その後、旧ソ連、イギリス等で活動した。特に日本には熱心なファンが多い。またリヨン国立高等音楽院教授を17年間つとめ、後進の指導にも当たっている。

ベートーヴェンとモーツァルトの個性的だがスタイリッシュな解釈で知られる。特に1989年、愛媛県宇和島市の南予文化会館でライブ録音された「テンペスト・版画」や「ベートーヴェン3大ソナタ」は有名である。他にも評価は分かれるが、ショパンブラームスシューベルトドビュッシーフォーレヘンデルシューマンラヴェルなども得意としている。即興演奏も得意で、さまざまな音楽様式に関する知識を用いて、《ラ・マルセイエーズの主題による変奏曲》といった変わった録音も残しており、たびたびリサイタルのアンコールで取り上げられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]