エリック・ドメイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリック・D・ドメイン
Erik Demaine 2005.jpg
生誕 (1981-02-28) 1981年2月28日(38歳)
カナダの旗 カナダノバスコシア州ハリファックス
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ケンブリッジ
国籍 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 マサチューセッツ工科大学
出身校 ダルハウジー大学
ウォータールー大学
論文 Folding and Unfolding (2001)
博士課程
指導教員
博士課程
指導学生
主な受賞歴 マッカーサー・フェロー (2003)
Nerode Prize (2015)
ACM Fellow (2016)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エリック・D・ドメインErik D. Demaine1981年2月28日 - )は、カナダ出身の数学者計算機科学者アーティストマサチューセッツ工科大学コンピューターサイエンスの教授。MITコンピュータ科学・人工知能研究所の計算理論のグループに所属。研究対象はアルゴリズムデータ構造計算幾何学分散コンピューティンググラフ理論計算複雑性理論など多岐にわたり、とりわけ折紙の数学の研究において多大な貢献をしている。

来歴[編集]

カナダノバスコシア州ハリファックスで生まれた。7歳のときから12歳で大学に入学するまではホームスクーリングを選択し、その期間に工芸職人の父親とともに北米を旅した[1]。7歳のときに初めてコンピューターのプログラムを書いた[2]

1993年、12歳のときにカナダのダルハウジー大学に入学し、わずか2年間で学位を取得、同大学史上最年少の14歳で卒業した[3]。その後、ウォータールー大学で数学とコンピューターサイエンスを研究し、1996年に修士号を取得。2001年、20歳のときに「コンピューテーショナル・オリガミ」の研究で博士号を取得した[4][5]。この研究で「カナダ総督アカデミックメダル賞(Governor General's Academic Medal Award)」とNSERC博士論文賞を受賞した[6][7]

2001年、マサチューセッツ工科大学アシスタント・プロフェッサーとして同大学史上最年少の20歳で招かれた[1](2011年に教授に昇進[8])。

2003年、マッカーサー・フェロー、いわゆる「天才賞」を受賞した[9]

2008年、折紙の数学によるアート作品がニューヨーク近代美術館の展示にされ、常設コレクションに加えられた[10]

略歴[編集]

  • 1993-1995年 ダルハウジー大学 学士課程(Bachelor of Science)
  • 1995-1996年 ウォータールー大学 修士課程(Master of Mathematics)
  • 1996–2001年 ウォータールー大学 博士課程(Ph.D.)
  • 2001-2005年 マサチューセッツ工科大学 電気工学・コンピューターサイエンス学科 助教授
  • 2001年-現在 MITコンピュータ科学・人工知能研究所 メンバー
  • 2005-2008年 マサチューセッツ工科大学 エスターおよびハロルド・E・エジャートン教授
  • 2005-2007年 マサチューセッツ工科大学 電気工学・コンピューターサイエンス学科 准教授
  • 2007-2011年 マサチューセッツ工科大学 電気工学・コンピューターサイエンス学科 准教授(テニュア)
  • 2011年-現在 マサチューセッツ工科大学 電気工学・コンピューターサイエンス学科 教授

著書[編集]

共著[編集]

  • 2009年 『幾何的な折りアルゴリズム―リンケージ、折り紙、多面体』 エリック・D・ドメイン、ジョセフ・オルーク(上原隆平訳、近代科学社)ISBN 978-4764903777
  • 2011年 『ゲームとパズルの計算量』 ロバート・A. ハーン、エリック・D・ドメイン(上原隆平訳、近代科学社)ISBN 978-4764903920

出典[編集]

  1. ^ a b Prodigy prof skipped school until he started college at 12MIT News(2003.2.26付)、2018年6月15日閲覧。
  2. ^ Erik Demaine 2015 Young Alumni Achievement Medal Winnerウォータールー大学公式サイト、2018年6月15日閲覧。
  3. ^ Erik Demaineダルハウジー大学公式サイト. 2018年6月17日閲覧。
  4. ^ Commercial origami starts to take shapeTHE IRISH TIMES(2005.8.19付)、2018年6月15日閲覧。
  5. ^ Origami as the Shape of Things to ComeTHE NEW YORK TIMES(2005.2.15付)、2018年6月15日閲覧。
  6. ^ Past Winner 2003 NSERC Doctoral Prize Erik DemaineNSERC公式サイト(2012.11.16付)、2018年6月20日閲覧。
  7. ^ The Academic Medal Erik DemaineThe Governor General of Canada、2018年6月20日閲覧。
  8. ^ Erik D. Demaine Academic Curriculum VitæErik Demaine's Home Page、2018年6月26日閲覧。
  9. ^ 22-year-old professor wins MacArthur grantMIT News(2003.10.8付)、2018年6月17日閲覧。
  10. ^ The Genius Who Plays For A LivingPopular Science(2013.2.1付)、2018年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]