エリック・サンマルタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エリック・サンマルタンEric Saint-Martin冼毅力1965年8月31日 - )は、フランス出身の騎手。父はフランス競馬の至宝と呼ばれたイヴ・サンマルタン元騎手。

来歴[編集]

1993年/1994年シーズンより香港で騎乗している。1993年、アーバンシー凱旋門賞を制し父子凱旋門賞ジョッキーとなった。また、第13回ジャパンカップではアーバンシーとともに初めて日本へ遠征する。中央競馬 (JRA) 初騎乗は11月27日、東京競馬場第1競走で4番人気のエニータイムに騎乗し3着だった。

2002年、当初香港代表でワールドスーパージョッキーズシリーズに出場予定だったダグラス・ホワイト騎乗停止となり代役として初参戦を果たし、勝利こそなかったものの37ポイントを獲得し、藤田伸二と同点で3位に入賞した。

SARS騒動の際、いったん香港より去ったが、のち復帰した。2009年度シーズンでは香港での免許更新が認められず、香港を去った。

おもな騎乗馬[編集]

エピソード[編集]

日本では、1998年の安田記念2着のオリエンタルエクスプレスと2000年のジャパンカップ2着のインディジェナスにも騎乗経験があるが、いずれも2着になったときの騎手はダグラス・ホワイトであり、サンマルタンの騎乗時はいずれも着外となっている。

関連項目[編集]