エリザ・オスグッド・ヴァンダービルト・ウェブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリザ・オスグッド・ヴァンダービルト・ウェブまたはライラ・ヴァンダービルト・ウェブ (Eliza Osgood Vanderbilt Webb またはLila Vanderbilt Webb 1860年 – 1936年) はアメリカ合衆国の高名なヴァンダービルト家の一族で相続人[1][2]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルトとマリア・ルイーザ・キッサム・ヴァンダービルトの8人の子の第7子四女[1]。祖父はコーネリアス・ヴァンダービルト[2]。きょうだいにはコーネリアス・ヴァンダービルト2世マーガレット・ルイーザ・ヴァンダービルトウィリアム・キッサム・ヴァンダービルトエミリー・ソーン・ヴァンダービルトフローレンス・アデール・ヴァンダービルトフレデリック・ウィリアム・ヴァンダービルトジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世がいる[2]コネチカット州ファーミントンにあるミス・ポーターズ・スクールに進学[1]

[編集]

1,000万ドルの遺産を受け継ぎ、1899年、バーモント州シェルバーンにあるシェルバーン牧場を購入し展開させた[1][3]。彼女は自身で献立を考え、使用人を雇い、来客をもてなし、インテリアの装飾を施したり庭園のデザインを行なったりした[1]。1936年に亡くなるまで彼女はシェルバーン牧場で来客を楽しませ続けた[1]。1909年、ウィリアム・タフト大統領のシェルバーン牧場訪問の際、大統領は彼女の夫は酔っ払ってどこかへ行ったと語った[2]

1923年、フロリダ州パームビーチのダンバー通りに家を建てた[2]。その後フロリダ州ガルフ・ストリームにも家を建てた[2]

プライベート[編集]

1881年、ウィリアム・セワード・ウェブと結婚し、フレデリカ・ヴァンダービルト・ウェブ、ジェイムス・ワトソン・ウェブ・シニア、ウィリアム・セワード・ウェブ・ジュニア、ヴァンダービルト・ウェブの4人の子をもうけた[1]

ゴルフコントラクトブリッジガーデニング旅行読書が趣味であった[1]。彼女はエヴァーグレイズ・クラブ初の女性会員であった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Shelburn Farms, Who's who
  2. ^ a b c d e f g Vanderbilt rehab a study in family memories, The Chicago Tribune, May 01, 2005
  3. ^ Marialisa Carlta, GILDED-AGE SPLENDOR: A MANSION'S NEW LIFE, The New York Times, June 04, 1987