エリザベート・マルグリット・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリザベート・マルグリット・ドルレアン
Élisabeth Marguerite d'Orléans
Élisabeth (Isabelle) d'Orléans, Duchess of Guise by Beaubrun.jpg

称号 アランソン女公、アングレーム女公
ギーズ公妃
出生 (1646-12-26) 1646年12月26日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国リュクサンブール宮殿
死去 (1696-03-17) 1696年3月17日(49歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヴェルサイユ
埋葬 Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ、カルメル会修道院
配偶者 ギーズ公ルイ・ジョゼフ
子女 フランソワ・ジョゼフ
家名 ブルボン家
父親 オルレアン公ガストン
母親 マルグリット・ド・ロレーヌ
宗教 キリスト教カトリック
サイン Signature of Élisabeth (Isabelle) d'Orléans in 1663 at the marriage of the Duke of Enghien.png
テンプレートを表示
エリザベートと息子のフランソワ・ジョゼフ、ピエール・ミニャール画、1672年

エリザベート・マルグリット・ドルレアンÉlisabeth Marguerite d'Orléans, 1646年12月26日 リュクサンブール宮殿 - 1696年3月17日 ヴェルサイユ宮殿)は、ブルボン朝期のフランス王家の一員。オルレアン公ガストンの娘で、グランド・マドモワゼル(大姫君)の異母妹。アランソン女公。娘時代はアランソン姫Mademoiselle d'Alençon[1]、結婚後はギーズ夫人Madame de Guise)の儀礼称号で呼ばれた。

生涯[編集]

オルレアン公とその2番目の妻でロレーヌ公フランソワ2世の娘であるマルグリットの間の次女として生まれた。洗礼名はエリザベートだが、本人はイザベル(Isabelle d'Orléans)と署名するのを好んだ。1648年、わずか2歳で母方の大叔母カトリーヌ・ド・ロレーヌCatherine de Lorraine)からルミルモン女子修道院Abbaye de Remiremont)の修道院長を形式的に引き継いだため、親許を離れて修道院で養育された。猫背で、姉妹たちに比べると魅力の点では劣ると見なされていた[2]

1667年5月15日にサン=ジェルマン=アン=レーで、ギーズ公ルイ・ジョゼフと結婚した。ギーズ公はエリザベートより4歳年下で、宮廷儀礼においても王族の彼女より下位におかれていた。夫妻は間に一人息子のフランソワ・ジョゼフ(1670年 - 1675年)をもうけたが、ルイ・ジョゼフは1671年に早世した。ギーズ公爵家の家督を継いだフランソワ・ジョゼフも、不慮の事故により4歳半で夭折した[3]

修道院育ちのエリザベートは、従兄のルイ14世王が推進していたユグノーカトリックに再改宗させる運動を熱烈に支持した。1685年のフォンテーヌブローの勅令が出された後、エリザベートは私領のアランソン公爵領に「新改宗者」のための施設を開き、領内のユグノーに改宗を強要していった。1694年に居城のリュクサンブール宮殿をルイ14世に譲渡し[4]、1696年にヴェルサイユで逝去した。

脚注[編集]

  1. ^ Style of HRH and further information on Princes of the Blood
  2. ^ ↑ ...bossue et contrefaite à l'excès, elle avait mieux aimé épouser le dernier duc de Guise en 1667 que de ne se point marier... Mémoires de Saint-Simon, Louis de Rouvroy Saint-Simon, ed. Hachette et Cie, 1881.
  3. ^ Patricia M. Ranum, Portraits around Marc-Antoine Charpentier, Baltimore, 2004, pp. 405-11
  4. ^ The History of Paris from the Earliest Period to the Present Day: Containing a Description of Its Antiquities, Public Buildings, Civil, Religious, Scientific, and Commercial Institutions.... Original from the New York Public Library, Digitized 2007-06-08: Published by G. B. Whittaker. (1825). p. 43. http://books.google.ca/books?id=7TAOAAAAQAAJ&pg=PA43&dq=palais+Elizabeth+Louis+1694 
先代:
ガストン
アランソン女公
1660年 - 1696年
次代:
先代:
(王領)
アングレーム女公
1675年 - 1696年
次代:
(王領)