エリザベス・ベア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリザベス・ベア
Elizabeth Bear
Elizabeth Bear at Eurocon 2011.jpg
誕生 Sarah Bear Elizabeth Wishnevsky
(1971-09-22) 1971年9月22日(45歳)
アメリカ合衆国の旗コネチカット州ハートフォード
職業 小説家SF作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル SFスペキュレイティブ・フィクション
主な受賞歴 ヒューゴー賞ローカス賞ジョン・W・キャンベル新人賞
デビュー作 『HAMMERED』
公式サイト Elizabeth Bear Dot Com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エリザベス・ベアElizabeth Bear1971年9月22日 - )はアメリカ合衆国小説家SF作家。2005年にはジョン・W・キャンベル新人賞、2008年には「受け継ぐ者」(Tideline) でヒューゴー賞 短編小説部門、2009年には「ショゴス開花」(Shoggoths in Bloom) でヒューゴー賞 中編小説部門を受賞。ジョン・W・キャンベル新人賞受賞者でヒューゴー賞の小説部門を複数回受賞したSF作家は2009年現在で5人しかいない[1]

経歴[編集]

コネチカット州ハートフォードで生まれる。コネチカット大学で歴史学と人類学を専攻するが中退。メディア産業専門家、厩務員、大規模病院の微生物処理マニュアル作業員、校正作業員など様々な職を転々とした。

ある期間、短編One-Eyed Jack, the Suicide King, Follow Me Light, This Tragic Glassなどの舞台としたネバダ州ラスベガスに住んでいたが、2006年1月コネチカット州へ戻る。

処女長編『HAMMERED—女戦士の帰還—』が2005年1月に出版され、同年6月には続編『SCARDOWN—軌道上の戦い—』、11月には『WORLDWIRED—黎明への使徒—』が出版された。この三部作はカナダ軍中級准尉ジェニー・ケイシーを主人公にした作品で、ジェニー・ケイシーは他に "Gone to Flowers" という短編にも登場している。このシリーズは2006年のローカス賞 第一長篇部門を受賞した。

2006年に初の短編集 The Chains That You Refuse が出版され、Blood and Iron ではファンタジーのシリーズ "The Promethean Age" を開始。

Viable Paradise という創作ワークショップでインストラクターを務めており、かつては Clarion West Writers Workshop でも教えていた。

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • 《サイボーグ士官ジェニー・ケイシー》シリーズ
    • HAMMERED—女戦士の帰還— (Hammered, 2005)
    • SCARDOWN—軌道上の戦い— (Scardown, 2005)
    • WORLDWIRED—黎明への使徒— (Worldwired, 2005)
  • The Promethean Age シリーズ
    • Blood and Iron (2006)
    • Whiskey and Water (2007)
    • Ink and Steel (2008)
    • Hell and Earth (2008)
  • Jacob's Ladder 三部作
    • Dust (2007)
    • Chill (2009)
  • New Amsterdam シリーズ
    • New Amsterdam (2007)
    • Seven for a Secret (2009)
  • 他長編
    • Carnival (2006)
    • Undertow (2007)
    • A Companion to Wolves (2007) - サラ・モネットと共著
    • All the Windwracked Stars (2008)

短篇集[編集]

  • The Chains That You Refuse (2006)

受賞歴[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]