エリザベス・ストライド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリザベス・ストライドの検死写真
(クリックで表示)
死体の写真のため閲覧注意

エリザベス・ストライド(Elizabeth Stride、1843年11月27日 - 1888年9月30日)は、1888年8月初期から11月末にかけてイギリスで起きた切り裂きジャックによる未解決の連続殺人事件の3番目の被害者とされている女性[1]。殺害された時の年齢は44歳。あだ名はロング・リズ("Long Liz")。これは、彼女が結婚した後の苗字ストライド(「歩幅」の意)にかけたという説もあるが、彼女の身長[2]・顔のかたちからとられたと考える人もいる。

スウェーデントースランダで、農夫グスタフ・エリクソン(Gustaf Ericsson)とその妻ベアタ・カールスドッター(Beata Carlsdotter)の娘として生まれた。誕生名はエリサベート・グスタフスドッター(Elisabeth Gustafsdotter)という。1860年ヨーテボリのカール・ヨハンの家で女中として働き始めるが、わずか数年の間にヨーテボリの他の地域を転々とするようになった。1865年までにはヨーテボリの警察によって娼婦として登録され、2回性感染症の治療を受けており、同年4月21日に娘を出産したが死産だった。

翌1866年、女中として働いていた家族に同伴して行ったのか、ロンドンに移住した。1869年3月7日に13歳年上の大工ジョン・トーマス・ストライドと結婚し、イーストエンドポプラーでコーヒールームを経営した。1877年3月にはエリザベスがポプラーのワークハウス(貧民のための労働施設)に収容されているため、この時2人は離別していたらしい。2人は1881年までによりを戻したが、同年末に再び別れた。その後ジョン・トーマス・ストライドは1884年10月24日に結核で死亡した。

それから殺害されるまでの間、彼女は犯罪者のたまり場として悪名高いスピタルフィールズフラワー・アンド・ディーン・ストリート32番地のコモン・ロッジングハウスに住んでいた[3][4]ドックで働くマイケル・キドニーという男とくっついたり離れたりを繰り返し、スウェーデン国教会から1、2回援助を受けていた他、裁縫と家の清掃によるいくらかの収入があった。

参照[編集]

  1. ^ Stewart Evans and Donald Rumbelow (2006) Jack the Ripper: Scotland Yard Investigates: 96-113
  2. ^ ストライドの身長は5フィート5インチ(165cm)と、当時のホワイトチャペル周辺の女性より4から5インチ (10から12.5 cm)高かった。ちなみに最後の被害者とされるメアリー・ジェイン・ケリーはもっと背が高い。
  3. ^ Stewart Evans and Donald Rumbelow (2006) Jack the Ripper: Scotland Yard Investigates: 96-8
  4. ^ Jerry White (2007) London in the Nineteenth Century: 323-350