エリザベス・ステュアート (レノックス伯爵夫人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリザベス・キャヴェンディッシュ
Elizabeth Cavendish
レノックス伯爵夫人
Countess of Lennox
出生 1555年3月31日
イングランドダービーシャーチャッツワース・ハウス
死去 (1582-01-16) 1582年1月16日(26歳没)
配偶者 初代レノックス伯チャールズ・ステュアート
子女 アラベラ・ステュアート
父親 サー・ウィリアム・キャヴェンディッシュ
母親 エリザベス・ハードウィック英語版
テンプレートを表示

レノックス伯爵夫人エリザベス・ステュアート(旧姓キャヴェンディッシュ)(Elizabeth Stuart, Countess of Lennox née Cavendish, 1555年3月31日1582年1月16日)は、初代レノックス伯英語版チャールズ・ステュアートの妻であり、イングランドスコットランドの有力な王位継承権者であったアラベラ・ステュアートの母。

生い立ち[編集]

エリザベス・キャヴェンディッシュは、1555年3月31日ハードウィックのベス英語版とその2番目の夫サー・ウィリアム・キャヴェンディッシュの娘として、ダービーシャーチャッツワース・ハウスで生まれた。キャサリン・グレイ英語版は彼女の代母の一人だった[1] 。母ベスはイングランド女王エリザベス1世寝室付女官Lady of the Bedchamber)であり、イングランドで最も裕福な女性の一人になった[2] 。エリザベスには7人の兄弟姉妹がいたが、うち2人は夭折した。

レノックス伯との結婚[編集]

1574年、エリザベスは初代レノックス伯チャールズ・ステュアートと密かに結婚した。チャールズはダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの弟であり、イングランドの王位継承権を有していた。 女王エリザベス1世は、彼女の許可なしにこのような物議を醸す結婚を取り決めた二組の両親に激怒し、母ベスと義母マーガレット・ダグラスロンドン塔に投獄した[3]

1575年、エリザベスは唯一の子であるアラベラを出産した。夫チャールズは翌1576年結核のため没した[4] 。エリザベス自身はその6年後、1582年1月16日に26歳で死去した[5]。7歳で孤児となったアラベラは母ベスが養育した。アラベラはエリザベス1世の有力な後継候補の一人として注目され続けた。

脚注[編集]

  1. ^ Lovell 2005, p. 92
  2. ^ Fraser 1971, pp.474-475
  3. ^ Antonia Fraser, Mary, Queen of Scots, pp.534-535
  4. ^ Fraser 1971, p. 535
  5. ^ Durant 1978, p. 28

参考文献[編集]

  • Antonia Fraser, Mary, Queen of Scots, Dell Publishing Co., Inc. New York, 1971
  • David N. Durant, Arbella Stuart: A Rival to the Queen, Weidenfeld & Nicolson, 1978
  • Mary S. Lovell, Bess of Hardwick, First Lady of Chatsworth, Little, Brown, 2005