エリカ・ファリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリカ・ファリアス
基本情報
本名 Erica Anabella Farias
通称 La Pantera
女マイク・タイソン
階級 ライト級
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 (1984-07-13) 1984年7月13日(35歳)
出身地 ブエノスアイレス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 21
KO勝ち 10
敗け 1
テンプレートを表示

エリカ・アナベラ・ファリアスErica Anabella Farias1984年7月13日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のプロボクサーである。第4代WBC女子世界ライト級王者。第5代WBC女子世界スーパーライト級王者。ニックネームは「女マイク・タイソン[1]

来歴[編集]

2009年7月25日デビュー。

11月28日、ベネッサ・ギマラエスを1回TKOで退け、南米スーパーフェザー級王座獲得。

2010年5月8日、ダリス・パルドが持つWBC女子世界ライト級暫定王座に挑戦。8回KOで暫定王座獲得。

暫定王座を2度防衛後の2011年8月6日、正規王者アン・サクラートと王座統一戦。8回負傷判定で正規王座獲得に成功。

10月には初来日を果たす。ロンドンオリンピック出場を目指すお笑いコンビ・南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代公開スパーリングを行った[2]。また、TBS系「炎の体育会TV」にもアトム級ユース王者黒木優子とともに出演し、ファリアスは麒麟田村裕をKOにした[3]

12月16日、3階級王者メリッサ・ヘルナンデスの挑戦を受け、3-0判定で暫定と合わせ4度目の防衛に成功。

2012年2月25日、リリアナ・パルメラの挑戦を受け、5度目の王座防衛に成功。

2012年3月に再び来日し、22日の後楽園ホールでのフラッシュ赤羽興行(東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ清田祐三VS松本晋太郎)にて、東洋太平洋女子ライト級王者風神ライカとエキシビション。

6月16日、元WIBA王者イルマ・アドラー相手に6度目の防衛戦。1回TKOで防衛成功。

11月17日、ビクトリア・ノエリア・ブストスに判定勝利で7度目の防衛成功。

2013年3月9日、リリアナ・パルメラを3回KOで退け8度目の防衛成功。

6月15日、水谷智佳を迎えて3-0判定で9度目の防衛成功。

10月4日、メアリー・マギーに3-0判定勝利して10度目の防衛成功。

2014年3月1日、マリア・エウヘニア・ロペスに勝利して11度目の防衛成功。

4月20日、敵地ベルギーに乗り込み、デルフィーヌ・ペルスーンと対戦も、判定で初黒星を喫すると共に王座陥落。

8月23日、ロクサーナ・ベアトリス・ラボルデをTKOで退け再起。

11月15日、メキシコでアレハンドラ・オリベラスが持つWBC女子世界スーパーライト級王座に挑戦し、2-1判定勝利。2階級制覇達成。

戦績[編集]

  • 22戦 21勝 10KO 1敗

獲得タイトル[編集]

  • 南米女子スーパーフェザー級王座
  • 第7代WBC女子世界ライト級王座
  • 第5代WBC女子世界スーパーライト級王座

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TBS系「炎の体育会TV」出演時に命名
  2. ^ “しずちゃん、女子世界王者とスパー”. デイリースポーツ. (2011年10月24日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/10/24/0004571186.shtml 
  3. ^ 「炎の体育会TV」SPで今田耕司が1年越しリベンジマッチ”. お笑いナタリー (2011年12月23日). 2019年11月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前暫定王者
ダリス・パルド
WBC女子世界ライト級暫定王者
2010年5月8日 - 2011年8月6日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
前王者
アン・サクラート
第7代WBC女子世界ライト級王者

2011年8月6日 - 2014年4月20日

次王者
デルフィーヌ・ペルスーン
前王者
アレハンドラ・オリベラス
第5代WBC女子世界スーパーライト級王者

2014年11月16日 - 現在

次王者
N/A