エリオット郡 (ケンタッキー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケンタッキー州エリオット郡
Elliott County, Kentucky courthouse.jpg
サンディフック市にあるエリオット郡庁舎
エリオット郡の位置を示したケンタッキー州の地図
郡のケンタッキー州内の位置
ケンタッキー州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1869年
郡名の由来 ジョン・ライル・エリオットまたはジョン・ミルトン・エリオット(1820年-1885年)、共に政治家
郡庁所在地 サンディフック
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

609 km2 (235.20 mi2)
606 km2 (233.96 mi2)
3 km2 (1.24 mi2), 0.53%
人口
 - (2010年)
 - 密度

7,852人
13人/km2 (33人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4

エリオット郡: Elliott County)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州の北東部に位置するである。2010年国勢調査での人口は7,852人であり、2000年の6,748人から16.4%増加した[1]郡庁所在地サンディフック市(人口675人[2])であり、同郡で唯一法人化された都市でもある。エリオット郡は、郡内のどこにおいてもアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。

エリオット郡は1869年4月1日に、モーガン郡ローレンス郡カーター郡の一部を合わせて設立された。郡名はケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員を務め、第1回アメリカ連合国議会の議員になったジョン・ミルトン・エリオットに因むとする説が有力である。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は235.20平方マイル (609.2 km2)であり、このうち陸地233.96平方マイル 606.0 km2)、水域は1.24平方マイル (3.2 km2)で水域率は0.53%である[3]

隣接する郡[編集]

政治[編集]

大統領選挙の結果[4]
民主党 共和党
2012年 49.4% 1,186 46.9% 1,126
2008年 61.0% 1,535 35.9% 902
2004年 69.8% 2,064 29.5% 871
2000年 64.1% 1,527 34.7% 827

エリオット郡は1869年のその設立以来、アメリカ合衆国大統領選挙では一貫して民主党候補者を支持してきた。民主党に投票してきた郡として、国内で最長である[5]。 > 2008年アメリカ合衆国大統領選挙では、バラク・オバマを支持した郡の中で、白人人口比率が99.04%と国内で2番目に高いものとなった(1位はアイオワ州ミッチェル郡の99.27%)。オバマは投票数の61%を獲得し、対する共和党ジョン・マケインは36%に終わった。このオバマの支持率はケンタッキー州の郡の中でも最高だった[6]

2012年時点で、共和党の登録有権者数は187人と州内最小である[7]。右表に示すように、2012年の大統領選挙では僅差になったものの、オバマがエリオット郡を再度制した。

人口動態[編集]

人口推移
人口
1870 4,433
1880 6,567 48.1%
1890 9,214 40.3%
1900 10,387 12.7%
1910 9,814 −5.5%
1920 8,887 −9.4%
1930 7,571 −14.8%
1940 8,713 15.1%
1950 7,085 −18.7%
1960 6,330 −10.7%
1970 5,933 −6.3%
1980 6,908 16.4%
1990 6,455 −6.6%
2000 6,748 4.5%
2010 7,852 16.4%
http://ukcc.uky.edu/~census/21063.txt

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 6,748人
  • 世帯数: 2,638 世帯
  • 家族数: 1,925 家族
  • 人口密度: 11人/km2(29人/mi2
  • 住居数: 3,107軒
  • 住居密度: 5軒/km2(13軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.4%
  • 18-24歳: 9.1%
  • 25-44歳: 27.5%
  • 45-64歳: 24.7%
  • 65歳以上: 13.4%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.2
    • 18歳以上: 93.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 33.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 60.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.7%
  • 非家族世帯: 27.0%
  • 単身世帯: 24.7%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.54人
    • 家族: 3.02人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 21,014米ドル
    • 家族: 27,125米ドル
    • 性別
      • 男性: 29,593米ドル
      • 女性: 20,339米ドル
  • 人口1人あたり収入: 12,067米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 25.9%
    • 対家族数: 20.8%
    • 18歳未満: 30.5%
    • 65歳以上: 26.4%

都市と町[編集]

都市[編集]

未編入の町[編集]

  • オールト
  • バスコム
  • ベアタウン
  • ベルシティ
  • ビッグストーン
  • ブレインズトレース
  • ブルーン
  • ブラッシーフォーク
  • バーク
  • クレイフォーク
  • クリフサイド
  • カルバー
  • デュードロップ
  • ドビンス
  • エドセル
  • エルドリッジ
  • ファニン
  • ファニンバレー
  • フェイ
  • フィールデン
  • フォークスオブニューカム
  • ギムレット
  • ゴメス
  • グリーン
  • ハルコム
  • アイベックス
  • アイソンビル
  • リトルフォーク
  • リトルサンディ
  • リッテン
  • ミドルフォーク
  • ニールハワーズクリーク
  • ニューカム
  • ニューファンドランド
  • オーディナリー
  • ロスコー
  • シャディグローブ
  • サラ
  • サイドウェイ
  • スパングリン
  • スターク
  • スティーブンス
  • ザ・リッジ
  • ウェルズクリーク
  • ワイアット

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Elliott County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Sandy Hook, Kentucky - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  4. ^ Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections”. 2012年11月29日閲覧。
  5. ^ Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections
  6. ^ NYT Electoral explorer
  7. ^ VOTER REGISTRATION STATISTICS REPORT, Kentucky Secretary of State
  8. ^ Ancestry of the Population by State: 1980 - Table 3 (PDF)”. 2012年2月10日閲覧。
  9. ^ Sharing the Dream: White Males in a Multicultural America By Dominic J. Pulera.
  10. ^ Reynolds Farley, 'The New Census Question about Ancestry: What Did It Tell Us?', Demography, Vol. 28, No. 3 (August 1991), pp. 414, 421.
  11. ^ Stanley Lieberson and Lawrence Santi, 'The Use of Nativity Data to Estimate Ethnic Characteristics and Patterns', Social Science Research, Vol. 14, No. 1 (1985), pp. 44-6.
  12. ^ Stanley Lieberson and Mary C. Waters, 'Ethnic Groups in Flux: The Changing Ethnic Responses of American Whites', Annals of the American Academy of Political and Social Science, Vol. 487, No. 79 (September 1986), pp. 82-86.

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度7分 西経83度6分 / 北緯38.117度 西経83.100度 / 38.117; -83.100