エリオット国際関係大学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エリオット国際関係大学院
The Elliott School of International Affairs (ESIA)
Elliott Entrance.JPG
校訓 Deus Nobis Fiducia
("In God Our Trust")
学校種別 私立
設立年 1898年
上位機関 ジョージ・ワシントン大学
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロンビアD.C.ワシントン
所属 国際関係大学院協会(APSIA)
ウェブサイト http://elliott.gwu.edu/
Elliott School George Washington University logo.png
テンプレートを表示

ジョージ・ワシントン大学エリオット国際関係大学院 (エリオット・スクール/英語:The Elliott School of International Affairs, 略称:ESIA)は、米国ワシントン特別区にある私立総合大学であるジョージ・ワシントン大学付属の大学院の一つ。国際関係大学院協会(APSIA)の一員であり、国際関係学/国際開発学/国際経済学/国際法学/安全保障学/紛争解決学などの分野を専門的かつ実務的に学ぶために特化したプロフェッショナルスクールである。

ワシントンD.C.の中枢に位置するフォギー・ボトムにそのキャンパスを構え、建物から徒歩で10分の所にはホワイトハウスが、建物から通りを挟んだ所には世界銀行国際通貨基金などの国際機関が本拠を置いている。また、付近には米国連邦政府関係の施設や政策系シンクタンク、開発NGOの本部も多数密集している。

プログラム[編集]

評価[編集]

国際関係学の分野において世界的に最も優れた大学院の一つとされ、2012年には米『フォーリン・ポリシー』誌が1,000人の専門家を対象に調査した結果、その38%がエリオット・スクールの修士課程を優れたプログラムとして評価した。この調査の結果、2005年のランキング開始以来、エリオット・スクールはハーバード大学ケネディスクールプリンストン大学のウッドロウ・ウィルソン公共政策・国際関係大学院、タフツ大学フレッチャー法律外交大学院などに次いで、国際関係大学院としての世界的な地位を確立している。

フォーリン・ポリシー誌によるランキング(2012年)[1]
  1. ジョージタウン大学(エドムンド・A・ウォルシュ外交大学院/SFS)(69%)
  2. ジョンズホプキンス大学(ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院/SAIS)(60%)
  3. ハーバード大学ケネディ行政大学院)(57%)
  4. プリンストン大学(ウッドロウ・ウィルソン公共政策・国際関係大学院/WWS)(44%)
  5. タフツ大学フレッチャー法律外交大学院)(41%)
  6. コロンビア大学(国際公共政策大学院/SIPA)(40%)
  7. ジョージワシントン大学(エリオット国際関係大学院/ESIA)(38%)
  8. アメリカン大学(国際関係大学院/SIS)(20%)
  9. ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)(12%)
  10. シカゴ大学(8%)

註釈[編集]

  1. ^ Foreign Policy, Ranking 2012

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度53分46秒 東経-77度2分40.9秒