エリエット・アベカシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリエット・アベカシス
Éliette Abécassis
ABECASSIS Eliette-24x30-2006b.jpg
誕生 1969年1月27日(46歳)
フランスの旗フランスストラスブール
職業 小説家
国籍 フランスの旗 フランス
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エリエット・アベカシスÉliette Abécassis, 1969年1月27日 - )は、ユダヤ系フランス人小説家。 フランスカーン哲学教授を務めている。

1969年、フランスストラスブール生まれ。

主な作品[編集]

  • Qumran(『クムラン』) (1996)
  • L'Or et la cendre(『黄金と灰』) (1997)
  • Petite Métaphysique du meurtre (1998)
  • La Répudiée (2000)
  • Le Trésor du temple(『クムラン蘇る神殿』) (2001)
  • Mon père (2002)
  • Clandestin (2003)
  • La Dernière Tribu (2004)
  • Un heureux événement (2005)
  • Le Corset invisible (2007)
  • Mère et fille, un roman (2008)
  • Sépharade (2009)
  • Le Messager (2009)

日本語訳された作品[編集]

  • 『クムラン』、鈴木敏弘訳、角川書店、1997年
  • 『黄金と灰』、鈴木敏弘訳、角川書店、1999年
  • 『クムラン蘇る神殿』、鈴木敏弘訳、角川書店、2002年