エラレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エラレー古希: Ἐλάρη, Elarē)、あるいはエララ古希: Ἐλάρα, Elara)は、ギリシア神話に登場する女性である。オルコメノスの娘で、ゼウスとの間に巨人ティテュオスを生んだ。英語読みはエララ日本語では長母音を省略してエラレとも表記される。

エラレーはゼウスの愛人の1人で、彼の妻ヘーラーに見つからないように深い地の底へ隠され、そこでティテュオスを産んだのち、ゼウスはティテュオスを地上に連れ出したという[1]。このためティテュオスは大地の女神ガイアの息子とされることもある[2][3]ロドスのアポローニオスもティテュオスのことを、エラレーが生んだ後、大地が育てて再度生んだ者だ、と述べている[4]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻4・1。
  2. ^ 『オデュッセイア』7巻324行。
  3. ^ 『オデュッセイア』11巻576行。
  4. ^ ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』1巻762行。

参考文献[編集]

関連項目[編集]