エラミー作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エラミー作戦
2011年リビア内戦
Typhoon f2 zj910 arp.jpg
イギリス空軍ユーロファイター タイフーン
2011年3月19日 -
場所 リビア
衝突した勢力
イギリスの旗 イギリス リビアの旗 リビア
指揮官
イギリスの旗 デーヴィッド・キャメロン首相

イギリスの旗 リアム・フォクス国防相


イギリスの旗 スチュアート・ピーチ空軍中将 (CJO)[1]

イギリスの旗 グレッグ・バグウェル (Greg Bagwell) 空軍少将 (Air)[1]
イギリスの旗 イアン・コールダー (Ian Corder) 海軍少将 (Maritime)[1]

リビアの旗 ムアンマル・アル=カッザーフィー

リビアの旗 アブー・バクル=ユニス=ジャブル国防相


リビアの旗 アリー・シャリフ・アッ=リーフィ (Ali Sharif al-Rifi) (空軍)[2]
リビアの旗 ハミス・アル=カッザーフィー (特殊部隊)

戦力
展開部隊 参照 不明
被害者数
なし 複数の軍用機が作戦不能となっている[3]

戦車 ~4輌[4]

装甲車両 ~22輌

不明、カッザーフィ政権下のリビア国営メディアによれば国連の軍事行動により民間人に48名の死者と150名の負傷者が出ているとしている[5][疑問点 ]
民間人に40名の死者(トリポリにおいて; ローマ教皇庁の主張による)[6]
多国籍軍ではいずれの側の死傷者についても報道されていない。

エラミー作戦(エラミーさくせん、英:Operation ELLAMY)[7]は、リビア飛行禁止空域に参加したグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(以下「イギリス」と記す。)が行なっている軍事作戦に付されたコードネームである[8]。この作戦は、「国際社会によるリビア上空の飛行禁止区域の設定と、市民を保護するために、外国による占領を除いたあらゆる手段を取る」ことを容認するとする国際連合安全保障理事会決議1973に基づく多くの国による軍事行動の一環である[9]。 イギリス軍の行動はアメリカ合衆国軍の作戦指揮下にあった[10]。 多国籍軍の合同作戦は合衆国ではオデッセイの夜明け作戦と名付けられた[11][12]。同様にカナダではモバイル作戦[13]フランスではアルマッタン作戦(en)[14]とされた。

飛行禁止空域の設定は2011年リビア内戦でのカダフィ政権軍による反カダフィ勢力に対する空爆が行なわれたことにより提案された。 2011年3月19日、パリにおいて軍事行動を開始するための緊急首脳会議が開催された[15]

作戦の背景[編集]

国際連合安全保障理事会決議1973が2011年3月17日夕方に採択され、これに基づきリビア飛行禁止空域での軍事介入が認められた。2011年3月19日、パリにおいてEU加盟国、アメリカ合衆国などの代表者によるリビア情勢に関する緊急首脳会議が開催され、直ちに軍事行動に移る準備が始まった[16][17]

パリでの首脳会議の終了後に国際的な軍事行動が開始された。会議の終了数時間後の16時45分(グリニッジ標準時)にフランス空軍機によるリビア軍戦車への攻撃が行なわれ、多国籍軍のリビア カダフィ政権に対する最初の攻撃となった[18]

展開部隊[編集]

  • 航空機攻撃の標的を確認するために特殊部隊が展開している可能性がある[27][28]

作戦行動の概要[編集]

1日目 - 2011年3月19日[編集]

3月19日午後、イギリス海軍のトラファルガー級原子力潜水艦トライアンフ (S93)[29]トマホーク巡航ミサイルを発射した[30]。合衆国軍と合わせてこの日110発以上の巡航ミサイルが発射されたと合衆国から発表された[31]。また、イギリス海軍の22型フリゲートカンバーランド (F85)及び23型フリゲートウエストミンスター (F-237) (en)が海上封鎖に従事した。

デーヴィッド・キャメロンイギリス首相は、19日にイギリス軍機が活動したことを確認した[32]、同じ日でそれより先にフランス空軍機が多国籍軍中で最初に活動していた。

セントリー AEW.1、センチネル R1及びビッカース VC-10の各航空機はキプロスのアクロティリ空軍基地から作戦に参加するよう告げられた[1]。VC-10はオックスフォードシャーのブライズ・ノートン空軍基地をセンチネル及びセントリーはリンカンシャーのワディントン空軍基地をホームベースとしていた。

2011年3月19-20日の夜に、トーネード GR4 はストーム・シャドウ巡航ミサイルを装備した[33]。第9飛行隊所属のトーネードはマーハム空軍基地から4,800km(3,000マイル)離れたリビアへ出撃し、リビアの標的に向けてストーム・シャドウ巡航ミサイルを発射する任務を行なった。 トーネードは往路に3回、復路に1回イギリス軍の空中給油を必要とした。そしてこの給油にはトライスター KC1があたった。[34]

2日目 - 2011年3月20日[編集]

国防省はトーネードとタイフーンをイタリアのジョーイア・デル・コッレ空軍基地に展開させると発表した[1]

トラファルガー級原子力潜水艦トライアンフはトマホーク巡航ミサイルをさらにリビアの目標に対して発射した[1]

マーハム基地から出撃したトーネード GR4は攻撃目標の近くに民間人がいるということで、攻撃を断念した[35]

3日目 - 2011年3月21日[編集]

3月21日、キャメロン首相はイギリス下院に対し国連安全保障理事会決議をめぐる議論の開始時に、飛行禁止空域の設定のためにイタリアのジョーイア・デル・コッレ空軍基地へイギリス空軍のタイフーンを展開させ出撃させていたと発言した[36]。3機のタイフーンは任務を果たし、ジョーイア・デル・コッレ空軍基地に戻った[37]

ジョーイア・デル・コッレ空軍基地に第906遠征航空団司令部が編成され、前線の展開戦力の指揮にあたることとなった。アクロティリ空軍基地に第907遠征航空団司令部が編成され、同じく前線の展開戦力の指揮にあたることとなった。また、C-17A グローブマスター及びC-130 ハーキュリーズ輸送機が戦力の展開を支援するために使用された[8]

4日目 - 2011年3月22日[編集]

マーラム基地のトーネード GR4が飛行禁止空域の武装偵察任務に出撃している間に、イギリス空軍のタイフーンは初の戦闘任務に就いた[38]。 国防省はイギリス海軍のトライアンフ、ウエストミンスター及びカンバーランドはさらに攻撃と哨戒のためにリビア沖の海域に留まったと発表した[39]

5日目 - 2011年3月23日[編集]

トーネード GR4は前線に近いジョーイア・デル・コッレ空軍基地へ配備された[40]。 イギリス空軍部隊指揮官グレッグ・バグウェル空軍少将はメディアのインタビューで、「リビア空軍は既に戦闘力として存在せず、我々はリビア地上軍を監視下においており、リビア地上軍が民間人や人口密集地を攻撃するようであれば、リビア軍を攻撃することとなる。」と述べた[41]

6日目 - 2011年3月24日[編集]

潜水艦トライアンフから再びトマホーク巡航ミサイルが発射された[42]。 武装偵察任務に就いていたブリムストーン対戦車ミサイルを装備したイギリス空軍のトーネードはアジュダービヤーで装甲車両が民間人に対し攻撃を行なっていると報告を受け、これを攻撃した。トーネードと他の多国籍軍僚機3機による攻撃で、4輌のT-72戦車が破壊された。標的となりそうな場所については、以前にRAPTOR(偵察用)ポッドを装備した別のトーネードにより識別されていた[4]

7日目 - 2011年3月25日[編集]

イギリス空軍のブリムストーン対戦車ミサイルを装備したトーネードは、ミスラタで3輌の装甲車両を破壊し、アジュタービヤーでは2輌以上の装甲車両を破壊した[43]

9日目 - 2011年3月27日[編集]

週末の間、ジョーイア・デル・コッレ空軍基地から種々の武器を搭載したトーネードは武装偵察の任務をこなし、その間アジュタービヤー及びミスラタ近郊で合計22輌の戦車、装甲車両及び大砲に武器を命中させた[44]

10日目 - 2011年3月28日[編集]

マーハム空軍基地から出撃したトーネードは、ブライズ・ノートン空軍基地のトライスター空中給油機の支援を受け、搭載したストーム・シャドウ巡航ミサイルでリビア南部砂漠地帯のサブハー地域にあるブンカーとなっている弾薬庫を攻撃した。弾薬庫はリビア北部の市民に対し攻撃を行なっているリビア政府軍へ弾薬を供給している拠点となっていると報告されていたものだった[44]

11日目 - 2011年3月29日[編集]

ウィリアム・ヘイグ外務英連邦相を議長として、リビア情勢に関するロンドン会議が開催された。

ジョーイア・デル・コッレ空軍基地から出撃したブリムストーン対戦車ミサイルを装備したトーネードは、ミスラタ近郊でリビア軍の装甲戦闘車両1輌と2門の大砲を攻撃した[45]

12日目 - 2011年3月30日[編集]

ジョーイア・デル・コッレ空軍基地から出撃したトーネードは、ミスラタ近郊でリビア軍戦車3輌、装甲戦闘車両2輌及び地対空ミサイル陣地をブリムストーンミサイルとペイブウェイIV爆弾で攻撃した[46]。カンバーランドと交替にリヴァプールが派遣された[47]

13日目 - 2011年3月31日[編集]

3月31日06:00(GMT)から、NATO合衆国アフリカ軍からリビア空域での作戦指揮も移譲され、ユニファイド・プロテクター作戦に統合された[48][49][50][51]

15日目 - 2011年4月2日[編集]

ペイブウェイIV爆弾を装備したイギリス空軍トーネードはカッザーフィー派軍に対して攻撃を行なった。この攻撃により、スルト主力戦車 2輌とミスラタ近郊の飛行場で小型の対地攻撃機数機を破壊したと報告された[52]

16日目 - 2011年4月3日[編集]

ペイブウェイIV爆弾とブリムストーン対戦車ミサイルを装備したトーネードがスルト南方で10輌の戦闘装甲車両を攻撃しこれを破壊したと報告された[52]

17日目 - 2011年4月4日[編集]

マーハム空軍基地からエラミー作戦に投入されたトーネードの機数は4月4日までに8機から12機に増加した[53]。トーネードはスルトに対して2つ別々の攻撃を行ない、ブリムストーン対戦車ミサイル 3発で主力戦車 1輌と 2基の地対空ミサイルランチャーを破壊した[54]

22日目 - 2011年4月9日[編集]

トーネードのペイブウェイIV爆弾とブリムストーン対戦車ミサイルにより、アジュダービヤーで2輌、ミスラタで5輌、合計7輌の戦車が破壊された[55]

使用されている艦船及び航空機[編集]

イギリス海軍と空軍は2011年3月19日に開始された軍事行動に参加した。

イギリス海軍[編集]

イギリス空軍[編集]

エラミー作戦で使用されているマルチロール機

エラミー作戦で使用されている空中給油機及び輸送機

[編集]

  1. ^ From ジェーン・ディフェンス・ウィークリー, 16 March 2011, イギリス空軍が当初予定していた退役の2週間前に作戦上の要請により、2機のうちの1機を展開させることとなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Libya update”. Ministry of Defence (2011年3月20日). 2011年3月30日閲覧。
  2. ^ http://www.ansamed.info/en/libia/news/ME.YBL40539.html
  3. ^ Libyan air force neutered”. Ministry of Defence (2011年3月24日). 2011年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c Operational Update on Libya - 25 March”. Ministry of Defence (2011年3月25日). 2011年3月25日閲覧。
  5. ^ Gaddafi denounces foreign intervention”. アルジャジーラ英語放送 (2011年3月20日). 2011年3月20日閲覧。
  6. ^ “Vatican: Airstrikes killed 40 civilians in Tripoli”. (2011年3月31日). http://www.jpost.com/MiddleEast/Article.aspx?id=214560 2011年3月31日閲覧。 
  7. ^ LIBYA: Operation ELLAMY: Questions and Answers”. Ministry of Defence. 2011年3月30日閲覧。
  8. ^ a b c d e f Coalition operations in Libya to continue”. Ministry of Defence (2010年3月21日). 2011年3月30日閲覧。
  9. ^ Security Council authorizes ‘all necessary measures’ to protect civilians in Libya”. United Nations. un.org (2011年3月17日). 2011年3月20日閲覧。
  10. ^ William Hague: 'Gaddafi regime in for a surprise' (March 25, 2011) BBC. At 00:40 – インタビューア,「 ... イギリス軍を含む多国籍軍の指揮をどこが執っているのか?」 ヘイグ外務大臣 「合衆国軍の指揮下に ... 」
  11. ^ DOD News Briefing by Vice Adm. Gortney on Operation Odyssey Dawn”. U.S. Department of Defense (2011年3月19日). 2011年3月30日閲覧。
  12. ^ Rawnsley, Adam (March 21, 2011) What’s in a Name? ‘Odyssey Dawn’ Is Pentagon-Crafted Nonsense Wired
  13. ^ Operation MOBILE: National Defence and the Canadian Forces Response to the Situation in Libya National Defence and the Canadian Forces, Canadian Department of National Defense
  14. ^ Libye : point de situation de l'opération Harmattan n°1 (March 23, 2011) Opérations, Ministère de la Défense et des anciens combattants. (French) English translation
  15. ^ a b Judd, Terri (2011年3月19日). “Operation Ellamy: Designed to strike from air and sea”. インデペンデント. http://www.independent.co.uk/news/world/africa/operation-ellamy-designed-to-strike-from-air-and-sea-2246411.html 2011年3月20日閲覧。 
  16. ^ 47NEWS 仏機がリビア空域監視 英、カナダ軍と攻撃準備 2011年3月21日閲覧。
  17. ^ “David Cameron meets allies for Libya crisis talks”. BBC News. (2011年3月19日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-12794031 2011年3月20日閲覧。 
  18. ^ “Libya: French plane fires on military vehicle”. BBC News. (2011年3月19日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-12795971 2011年3月20日閲覧。 
  19. ^ “Libya: French jets resume sorties as coalition builds”. BBC News. (2011年3月20日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-12800635 
  20. ^ http://www.royal-navy.mod.uk/operations-and-support/surface-fleet/type-23-frigates/hms-westminster/news/hms_westminster_retu.htm
  21. ^ HMS Cumberland ready for embargo operations in Libya”. Ministry of Defence (2011年3月29日). 2011年3月30日閲覧。
  22. ^ “Libya: RAF 'comfortable' with outcome of airstrikes”. BBC News. (2011年3月20日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-12799493 
  23. ^ http://www.portsmouth.co.uk/news/local/east-hampshire/captain_s_pride_as_hms_liverpool_sails_for_libya_1_2547757
  24. ^ Coalition Against Gadhafi Growing”. Defense News (2011年3月20日). 2011年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  25. ^ “UK military to be stretched by long Libya campaign”. Reuters. (2011年3月19日). http://uk.reuters.com/article/2011/03/19/uk-libya-britain-military-idUKTRE72H7KY20110319 
  26. ^ VC10 and TriStar Support Operations”. Royal Air Force (2011年3月20日). 2011年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  27. ^ Drury, Ian (2011年3月22日). “Mission aborted on orders of SAS: RAF attack is halted after troops spot human shields”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-1368626/Libya-RAF-abort-attack-SAS-spot-Gaddafi-using-human-shields.html 
  28. ^ “SAS 'Smash' squads on the ground in Libya to mark targets for coalition jets”. Daily Mail. (2011年3月21日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-1368247/Libya-SAS-smash-squads-ground-mark-targets-coalition-jets.html?ITO=1490 
  29. ^ Daily Mail Reporters (2011年3月21日). “RAF strikes against Gaddafi's forces branded 'a success' as bombed out tanks and cars litter the roads near Benghazi”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-1368028/Cruise-strike-hits-Gaddafi-We-stand-let-dictator-murder-people.html?ito=feeds-newsxml 2011年3月21日閲覧。 
  30. ^ British Armed Forces launch strike against Libyan Air Defence systems”. Ministry of Defence (2011年3月19日). 2011年3月19日閲覧。
  31. ^ US fires 110 missiles as no-fly zone is enforced”. Irish Independent (2011年3月20日). 2011年3月20日閲覧。
  32. ^ “Libya: Coalition launches attacks from air and sea”. BBC News. (2011年3月19日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-12796972 2011年3月19日閲覧。 
  33. ^ British jets fired on Libyan targets”. monstersandcritics.com (2011年3月20日). 2011年3月19日閲覧。
  34. ^ “TARGET LIBYA: RAF reveals Marham jets’ 3,000-mile mission, as aircraft prepare to deploy to Italy”, edp24.co.uk, (20 March 2011), http://www.edp24.co.uk/news/target_libya_raf_reveals_marham_jets_3_000_mile_mission_as_aircraft_prepare_to_deploy_to_italy_1_835355 
  35. ^ Updated: Second UK strike against Libyan defence assets”. Ministry of Defence (2011年3月21日). 2011年3月30日閲覧。
  36. ^ United Kingdom, Parliamentary Debates, House of Commons, 21 March 2011 , columns 700–701, (David Cameron, Prime Minister).
  37. ^ “Live: Libya crisis”. BBC News. (2011年3月22日). http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-12776418 2011年3月22日閲覧。 
  38. ^ RAF Typhoons patrol Libyan no-fly zone”. Ministry of Defence (2011年3月22日). 2011年3月30日閲覧。
  39. ^ Operations in Libya having a very real effect”. Ministry of Defence (2011年3月22日). 2011年3月30日閲覧。
  40. ^ Libyan air force neutered”. Ministry of Defence (2011年3月24日). 2011年3月24日閲覧。
  41. ^ Libya air force 'unable to fight'”. BBC News (2011年3月23日). 2011年3月23日閲覧。
  42. ^ British submarine launches further strikes on Libyan air defence systems”. Ministry of Defence (2011年3月24日). 2011年3月24日閲覧。
  43. ^ Brimstone Missiles Destroy Armoured Vehicles in Libya”. Ministry of Defence (2011年3月26日). 2011年3月27日閲覧。
  44. ^ a b RAF Strikes Further Targets in Libya”. Ministry of Defence (2011年3月28日). 2011年3月28日閲覧。
  45. ^ Libya Conference Participants Committed to Military Action”. Ministry of Defence (2011年3月30日). 2011年3月31日閲覧。
  46. ^ RAF and Navy Patrol LIbyan Skies and Seas”. Ministry of Defence (2011年3月30日). 2011年3月31日閲覧。
  47. ^ http://www.portsmouth.co.uk/news/local/east-hampshire/captain_s_pride_as_hms_liverpool_sails_for_libya_1_2547757
  48. ^ NATO Press Briefing”. NATO (2011年3月31日). 2011年4月7日閲覧。
  49. ^ This story was written by Joint Task Force Odyssey Dawn Public Affairs. “US Navy P-3C, USAF A-10 and USS Barry Engage Libyan Vessels”. Navy.mil. 2011年4月4日閲覧。
  50. ^ NATO Assumes Command of Libya Operations”. Department of Defense (2011年3月31日). 2011年4月7日閲覧。
  51. ^ “NATO、対リビア軍事作戦の指揮権を継承=反体制派へ武器供与せず”. ウォールストリートジャーナル日本語版. (2011年4月1日). http://jp.wsj.com/World/Europe/node_214272/?tid=mideast 2011年4月2日閲覧。 
  52. ^ a b PM Visits RAF Crews Deployed on Operations”. Ministry of Defence (2011年4月5日). 2011年4月5日閲覧。
  53. ^ Libya: UK to increase number of Tornado jets”. The Guardian (2011年4月4日). 2011年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月4日閲覧。
  54. ^ PM Visits RAF Crews Deployed on Operations”. Ministry of Defence (2011年4月5日). 2011年4月5日閲覧。
  55. ^ Libya: RAF Tornados destroy seven Libyan tanks”. BBC News Online (2011年4月9日). 2011年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]