エムラミノウミウシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エムラミノウミウシ
Nudi from tidepool.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
亜綱 : 直腹足亜綱 Orthogastropoda
上目 : 異鰓上目 Heterobranchia
: 後鰓目 Opisthobranchia
亜目 : 裸鰓亜目 Nudibranchia
上科 : オオミノウミウシ上科 Aeolidioidea
: アオミノウミウシ科 Glaucidae
: エムラミノウミウシ属 Hermissenda
: H. crassicornis
学名
Hermissenda crassicornis (Eschscholtz, 1831)
英名
opalescent sea slug

エムラミノウミウシ学名: Hermissenda crassicornis)は、アオミノウミウシ科の小さく鮮やかな色をしたウミウシ(海生腹足類軟体動物)の一種である。

特徴[編集]

本種はおよそ50 mmに成長する。色は場所によって差異があるが、背中に沿ったオレンジの縞で常に容易に見分けがつく。

分布[編集]

このウミウシは北はアラスカコディアック島から南はメキシコのプンタ・エウヘニアにまで生息している。本種はカリフォルニア湾バイア・デ・ロス・アンヘレス英語版日本でも観察されている[1]

日本においては北海道から本州沿岸に知られるが、伊豆半島以南ではきわめて希で、日本海側や東北以北では普通にみられる[2]

生息地[編集]

エムラミノウミウシは、磯の潮間帯や入江、三角江を含む様々な生息地で見ることができる。

中央カリフォルニア潮だまり中の5匹のエムラミノウミウシ

生活習性[編集]

エムラミノウミウシは、クラゲ期のヒドロ虫ホヤおよびイソギンチャクといったその他の海洋動物を餌とする。他のウミウシを攻撃することもあり、同種のより小さな個体を捕食することもある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hermissenda crassicornis”. The Slugsite (1998年). 2012年2月14日閲覧。
  2. ^ 中野里枝 『本州のウミウシ - 北海道から奄美大島まで』 ラトルズ、2004年、260頁。ISBN 978-4899770763

推薦文献[編集]

  • Behrens David W. (1980). Pacific Coast Nudibranchs: a guide to the opisthobranchs of the northeastern Pacific. California: Sea Challenger Books. ISBN 978-0930118051. 

外部リンク[編集]