エミール・ギメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェルディナンド・ジャン・ルイジーニによるエミール・ギメの肖像画(1898年)

エミール・エティエンヌ・ギメ(Émile Étienne Guimet、1836年6月26日 - 1918年8月12日)は、フランス実業家ローヌ県フルーリュー=シュル=ソーヌ出身。旅行者、美術の鑑定(en:Connoisseur)、収集家としても知られる。リヨン生まれ。父ジャン・バチスト・ギメは化学者、母ロザリー・ギメは画家。

経歴[編集]

1860年に父が開いた工場の経営を引き継いだが、この頃すでにさまざまな文明への興味が深く、1865年にエジプトを旅行したことが、異文明、異宗教への関心を高めた[1]

その後、1867年のパリ万博への出展、1873年にパリで開かれた第一回国際東洋学者会議への参加[2]などによって、日本の宗教への関心を高めた。

その後フランス政府から「極東宗教学術調査使節」という認定を得、1876年に渡米して画家のフェリックス・レガメと落ち合い、彼とともに8月26日、横浜に上陸した[3]。東京では、アメリカから来る途中に知り合った松本壮一郎宅を訪ね、彼に東京を案内してもらっている[4]。また日本に来てから作品を通して知った河鍋暁斎を訪ね、親交を交わした。東京では、文部大丞(局長級)・九鬼隆一とも面会している[5]。京都では浄土真宗の幹部らと会見。ギメとレガメは、11月3日、神戸より出港、中国、インドを経由して1877年3月に帰国した。

1878年のパリ万博で日本から持ち帰った資料を展示した。その際に九鬼と再会している。

1879年9月リヨンに、現在のフランス国立ギメ東洋美術館の前身となったギメ宗教博物館を設立した[6]

その後も日本に強い関心を抱き続けたが、再来日することなく亡くなった。

逸話[編集]

  • 1876年に日本を訪問した際には、膨大な仏像・仏具を購入して帰った。
  • 1889年11月に、パリ6区イエナに新しい「宗教美術館」を建設しフランス国家に寄付し、開館した。

日本語訳[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尾本圭子、『明治日本散策 東京・日光』解説、371頁
  2. ^ 尾本圭子、『明治日本散策 東京・日光』解説、377頁
  3. ^ 尾本圭子、『明治日本散策 東京・日光』解説、384頁
  4. ^ 尾本圭子、『明治日本散策 東京・日光』解説、388頁
  5. ^ 尾本圭子、『明治日本散策 東京・日光』解説、401頁
  6. ^ 尾本圭子、『明治日本散策 東京・日光』解説、406頁

関連項目[編集]