エミリー・ロッダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エミリー・ロッダ(Emily Rodda、1948年4月2日 - )は、オーストラリアシドニー生まれのファンタジー作家、推理作家。推理作家としてはジェニファー・ロウ(Jennifer Rowe)の本名を用いる。シドニー大学で英文学を学び、出版社勤務などを経て、1984年、「特別なお気に入り」(Something Special)で作家デビュー。ちなみにこの作品は1985年オーストラリア最優秀児童図書賞を受賞した。1986年、「ふしぎの国のレイチェル」(Pigs Might Fly)で再びオーストラリア最優秀児童図書賞を受賞。1993年、「リンの谷のローワン」シリーズ第1作「ローワンと魔法の地図」で、3度目のオーストラリア最優秀児童図書賞を受賞。

著作リスト[編集]

  • 「ふしぎの国のレイチェル」 - Pigs Might Fly(米題:The Pigs Are Flying

リンの谷のローワン(Rowan of Rin[編集]

リンの村に住むローワンはおとなしい性質の家畜“バクシャー”の世話係。そのバクシャーの飲み水となる川の水が、ある日を境に流れてこなくなってしまった。魔法の地図を託された弱虫で怖がりなローワンと屈強な6人の仲間たちによる、禁じられた山への冒険。
  • 「ローワンと黄金の谷の謎」 - Rowan and the Travelers (1996)
伝説の黄金の谷は本当に存在したのだろうか。前巻での冒険を終えた後平和に暮らしていたローワンとリンの村人たちに闇に隠れた敵が迫る。
  • 「ローワンと伝説の水晶」 - Rowan and the Keeper of the Crystal (1998)
  • 「ローワンとゼバックの黒い影」 - Rowan and the Zebak (1999)
  • 「ローワンと白い魔物」 - Rowan of the Bukshah (2003)

デルトラ・クエスト(Deltora Quest[編集]

岩崎書店で出版されている児童書。売り上げはシリーズ累計で200万部を突破している。過去にコミックボンボンで漫画が連載されており、また2007年にアニメ化された。

ティーン・パワーをよろしく(Teen Power Inc.)[編集]

各巻で、中心となる登場人物が異なるのが特徴。物語は、ほとんどが、その話の中心となる人物の視点で進められる。なお、原語版では「The Raven Hill Mysteries」と改題された。

  • 「誕生! ティーン・パワー株式会社」 - The Ghost of Raven Hill
  • 「つかみやジャックと天才手品師」 - The Sorcerer's Apprentice
  • 「消えたアイドル」 - The Disappearing TV Star
  • 「猫の王国」 - Cry of the Cat
  • 「甘い話にご用心!」 - Beware the Gingerbread House
  • 「テルティス城の怪事件」 - Green for Danger
  • 「ホラー作家の悪霊屋敷」 - Breaking Point
  • 「危険なリゾート」 - The Secret of Banyan Bay
  • 「犬のお世話は大変だ」 - The Bad Dog Mystery
  • 「謎の脅迫状」 - Poison Pen
  • 「百万長者を探せ!」 - The Missing Millionaire
  • 「名画の秘密」 - Crime in the Picture

フェアリー・レルム(Fairy Realm[編集]

  • 「金のブレスレット」 - The Charm Bracelet (1994)
  • 「花の妖精」 - The Flower Fairies (1994)
  • 「三つの願い」 - The Third Wish (1995)
  • 「妖精のりんご」 - The Last Fairy-Apple Tree (1995)
  • 「魔法のかぎ」 - The Magic Key (1995)
  • 「夢の森のユニコーン」 - The Unicorn (1996)
  • 「星のマント」 - The Star Cloak (2005)
  • 「水の妖精」 - The Water Sprites (2005)
  • 「空色の花」 - The Peskie Spell (2006)
  • 「虹の杖」 - The Rainbow Wand (2006)

ロンド国物語[編集]

  • 「オルゴールの秘密」
  • 「おとぎの森」
  • 「ロンドの鍵」
  • 「消えた魔法使い」
  • 「危険な遊び」
  • 「天空の城」
  • 「崖の怪物」
  • 「潮読みの洞窟」
  • 「ロンドの戦い」

チュウチュウ通りのゆかいななかまたち[編集]

  • 「ゴインキョとチーズどろぼう―チュウチュウ通り1番地」
  • 「クツカタッポと三つのねがいごと―チュウチュウ通り2番地」
  • 「 フィーフィーのすてきな夏休み―チュウチュウ通り3番地」
  • 「レインボーとふしぎな絵―チュウチュウ通り4番地」
  • 「チャイブとしあわせのおかし―チュウチュウ通り5番地」
  • 「クイックと魔法のスティック―チュウチュウ通り6番地」
  • 「レトロと謎のボロ車 ―チュウチュウ通り7番地」
  • 「マージともう一ぴきのマージ―チュウチュウ通り8番地」
  • 「セーラと宝の地図―チュウチュウ通り9番地」
  • 「スタンプに来た手紙―チュウチュウ通り10番地」

勇者ライと3つの扉[編集]

原題The Three Doors series[1]。本作はデルトラクエストと関連している[2]

  • 「金の扉」 - [2]The Golden Door[1]
  • 「銀の扉」 - [2]The Silver Door[1]
  • 「木の扉」 - [2]The Third Door[1]

ジェニファー・ロウ名義[編集]

  • 「不吉な休暇」 - Grim Pickings(現代教養文庫)

Star of Deltora[3][編集]

このシリーズは日本未出版である。全4巻になる予定で、現在は第3巻まで出版されている。

  • Shadows of the Master
  • Two Moons
  • The Towers of Illica
  • The Hungry Isle」(2016年9月発売予定)

出典[編集]

  1. ^ a b c d [1]
  2. ^ a b c d 勇者ライと3つの扉 特設サイト
  3. ^ The official website of Emily Rodda 2016年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]