エミリー・バイノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エミリー・バイノン(Emily Beynon, 1969年 - )は、オランダロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席フルート奏者。日本とも縁があり、1992年の初来日以来、たびたび訪れ、NHK交響楽団との共演、霧島国際音楽祭のマスタークラスでの指導など日本のフルートファンにもなじみ深い。

経歴[編集]

1969年ウェールズスウォンジ生まれ。マーガレット・オゴノヴスキーに師事。王立音楽大学でフルートを学ぶ。ウィリアム・ベネットアラン・マリオンの下で、ロンドンの王立音楽アカデミーでさらに研鑽する。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管はもちろん、フィルハーモニア管弦楽団BBC交響楽団イギリス室内管弦楽団ウィーン室内管弦楽団NHK交響楽団、シュカンパ弦楽四重奏団、ナッシュ・アンサンブル等とも共演している。

グラインドボーン・ツーリング・オペラ、BBCウェールズ交響楽団BBC交響楽団等のオーケストラで首席奏者を務めた。

1995年2月から、ジャック・ゾーンの後任として、オランダのアムステルダムに本拠を置く、名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者となる。また、ハーグ王立音楽院で教鞭をとっている。

デンマーク王立管弦楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の首席ハープ奏者を歴任したカトリーヌ・バイノンは、妹でたびたび共演し、CDも共作している。

ディスコグラフィ[編集]

外部リンク[編集]