エミッヒ・カール・ツー・ライニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライニンゲン侯エミッヒ・カール

エミッヒ・カール・ツー・ライニンゲンEmich Carl Fürst zu Leiningen, 1763年9月27日 バート・デュルクハイム - 1814年7月4日 アモールバッハ)は、ドイツシュタンデスヘル。ライニンゲン侯。バイエルン王国軍の陸軍少将、連隊長だった。

生涯[編集]

ライニンゲン侯カールとその妻の伯爵令嬢クリスティアーネ・ヴィルヘルミーネ・ツー・ゾルムス=レーデルハイムの間の第4子、長男として生まれた。

侯家の所領はフランス革命戦争の戦火に巻き込まれ、侯家一族は1796年にプファルツ地方へ避難した。1803年、帝国代表者会議主要決議により、ライニンゲン家はライン川左岸の全ての所領を放棄した。その補償として、同家は世俗化によって解体された旧マインツ選帝侯領の一部(アモールバッハ修道院ドイツ語版ミルテンベルクエーバーバッハタウバービショフスハイム)、旧ヴュルツブルク司教領ドイツ語版の一部(グリュンスフェルトハルトハイムラウダドイツ語版)、プファルツ選帝侯領の一部(ボックスベルクモースバッハ)を領地として割り当てられた。侯家はアモールバッハの旧修道院を新たな居館とした。侯家は福音派信徒だったが、1600km²の広さの所領に住む9万人の住民はカトリック信徒だった。このライニンゲン侯領ドイツ語版は1806年に独立諸侯の地位を失い、侯領の主権はバーデン大公国ヘッセン大公国バイエルン王国によって分割され、この決定はウィーン会議の決議により確定した。翌1807年の父の死により、エミッヒ・カールが侯家家督を引き継いだ。

エミッヒ・カールは1787年7月4日にエーベルスドルフ英語版において、ロイス=エーベルスドルフ伯ハインリヒ24世の娘ヘンリエッテ(1767年 - 1801年)と最初の結婚をしたが、1801年に死別した。1803年12月21日にコーブルクにおいて、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツの娘ヴィクトリア(ヴィクトワール)と再婚した。彼女は最初の妻ヘンリエッテの姪であった。1814年にエミッヒ・カールと死別した後、未亡人ヴィクトワールは1818年にイギリス王族のケント公エドワードと結婚し、2人の間の子供の出産が目前に迫るまで、アモールバッハで新婚生活を送った。ケント公夫妻の唯一の女児ヴィクトリアは、1837年にイギリス女王となった。

子女[編集]

最初の妻ヘンリエッテとの間に男子を1人もうけた。

  • フリードリヒ・カール・ハインリヒ・ルートヴィヒ(1793年 - 1800年)

2番目の妻ヴィクトワールとの間に1男1女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Thomas Gehrlein: Das Haus Leiningen. 900 Jahre Gesamtgeschichte mit Stammfolgen. Deutsche Fürstenhäuser. Heft 32. Börde Verlag, Werl 2011, ISBN 978-3-9811993-9-0, S. 25

外部リンク[編集]