エマヌエル・トーマス・フォン・ザヴォイエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エマヌエル・トーマス・フォン・ザヴォイエン
Emanuel Thomas von Savoyen-Carignan
ソワソン伯
Emmanuel-Thomas de Savoie-Carignan, Comte de Soissons par David Richter 1710.jpg
ソワソン伯エマヌエル・トーマス、ダーフィト・リヒタードイツ語版画、1710年
在位 1702年 - 1729年

出生 (1687-12-08) 1687年12月8日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死去 (1729-12-28) 1729年12月28日(42歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーン
配偶者 マリア・テレジア・フォン・リヒテンシュタイン
子女 ヨハネス・フランツ・オイゲン
家名 サヴォワ=ソワソン家
父親 ソワソン伯ルイ=トーマ
母親 ウラニー・ド・ラ・クロート・ド・シャンテラック
テンプレートを表示
ソワソン伯爵未亡人マリア・テレジア、マルティン・ファン・マイテンス

エマヌエル・トーマス・フォン・ザヴォイエン=カリニャンEmanuel Thomas von Savoyen-Carignan, 1687年12月8日 - 1729年12月28日)は、神聖ローマ皇帝(ハプスブルク帝国)軍の将軍。ソワソン伯。皇帝軍の元帥オイゲン・フォン・ザヴォイエンの甥。フランス語名はエマニュエル=トーマ・ド・サヴォワ=カリニャンEmmanuel-Thomas de Savoie-Carignan)。

生涯[編集]

フランス王家の縁戚のソワソン伯ルイ=トーマとその妻ウラニー・ド・ラ・クロート・ド・シャンテラック(1655年 - 1717年)の間の長男として生まれた。父がルイ14世王の不興を買ってフランス軍を追われたため、1699年父や弟たちと共に叔父オイゲン公子を頼って皇帝軍に仕官した。叔父の計らいで陸軍大佐(連隊長)の地位を与えられた[1]スペイン継承戦争ではライン川・ネーデルラント方面の戦線で活躍し、墺土戦争でも叔父に従って従軍、階級は最終的に陸軍中将に上った[2]。また、アントウェルペン市長官の職も得た[3]。1712年金羊毛騎士団の騎士に叙任された。

1713年10月24日、資産家として知られたリヒテンシュタイン侯ヨハン・アダム・アンドレアスの五女マリア・テレジア(1694年 - 1772年)と結婚。エマヌエルを相続人と見なしていた叔父が実現させた縁組で、事前に宗家のサルデーニャ王ヴィットーリオ・アメデーオ2世の許可を得ていた[4]。夫婦の間には一人息子のヨハネス・フランツ・オイゲン(1714年 - 1734年)が生まれた。1729年、叔父に先立ち天然痘で死亡[5]。42歳だった。

引用[編集]

  1. ^ マッケイ,P180
  2. ^ マッケイ,P269
  3. ^ Emanuel Thomas, Cte de Soissons(1687-1729),Genealogy.euweb.Savoy5.
  4. ^ マッケイ,P330
  5. ^ マッケイ,P269

参考文献[編集]

  • デレック・マッケイ(著)/瀬原義生(訳)『プリンツ・オイゲン・フォン・サヴォア-興隆期ハプスブルク帝国を支えた男-』文理閣、2010年。
先代:
ルイ=トーマ
ソワソン伯
1702年 - 1729年
次代:
ウジェーヌ・ジャン・フランソワ