エフロルニチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エフロルニチン
(±)-Eflornithin Structural Formulae V.1.svg
Eflornithine-3D-vdW.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • Category C for dermal cream
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 Intravenous (discontinued)
Dermal
薬物動態データ
生物学的利用能 100% (Intravenous)
13% (Dermal)
代謝 Not metabolised
半減期 8 時間
排泄 Renal
識別
CAS番号
(MeSH)
70052-12-9
ATCコード D11AX16 (WHO) P01CX03 (WHO)
PubChem CID: 3009
ChemSpider 2902
化学的データ
化学式 C6H12F2N2O2
分子量 182.2 g/mol

エフロルニチン(Eflornithine)とはサノフィ・アベンティスにより製造されている種々の目的で使用される薬物の一つ。エフロルニチンは最初は腫瘍の治療のために発見されたが、悪性腫瘍に対する有効性は低く、アフリカ睡眠病(特にTrypanosoma brucei gambiense による西アフリカ型)に対して高い有効性を有することが発見された[1]。アメリカ合衆国では Ornidyl の商品名で知られている[2]。最近の研究として(2008年の報告[3])、カリフォルニア大学アーバイン校によって行われた調査では、スリンダク抗炎症薬の一つ)とエフロルニチンの組み合わせは有意に結腸直腸ポリープの再発のリスクを軽減させることを報告した。

出典[編集]