エフゲニー・ランセレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エフゲニー・ランセレ
(画)ボリス・クストーディエフ

エフゲニー・ランセレ または エフゲニー・ランセライ(ロシア語表記:Евге́ний Евге́ньевич Лансере́、Yevgeny Yevgenyevich Lansere、姓はLanssere、Lanceray、Lanceretとも音訳表記される。ファーストネームはEugeneとも、1875年8月23日1946年9月13日)はロシアソビエト連邦の画家である。

略歴[編集]

パヴロフスクに生まれた。母方の祖父、ニコライ・ベノワは画家で、父親のエフゲニー・アレキサンドロヴィッティ・ランセレ(Yevgeny Alexandrovich Lansere)は彫刻家、母親はグラフィック・アーティスト、叔父のアレクサンドル・ベノワは有名な舞台芸術家、画家である。妹のジナイーダ(1884-1967)も画家として知られる。

1895年から1898年の間、パリアカデミー・コラロッシアカデミー・ジュリアンで学んだ。ヨーロッパ各地を旅し、1899年にロシアに戻り、アレクサンドル・ベノワらが主導する雑誌、『芸術世界』(ミール・イスクーストヴァ)を中心とする芸術運動のメンバーとなった。

革命後は、1917年にサンクトペテルブルクから避難し、3年ほどダゲスタンで過ごした。1920年代の初めには日本やトルコのアンカラを旅した。1927年から1931年の間、パリに住んだ後、ソビエトに戻り、1934年から138年の間はレニングラードの美術アカデミーで教えた。1943年にスターリン賞を受賞し、1945年にロシア・ソビエト連邦社会主義共和国人民芸術家の称号を得た。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Lanceray (Лансере), Eugen I. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 22: Krügner–Leitch. E. A. Seemann, Leipzig 1928, S. 282–283.