エフクレタヌキモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフクレタヌキモ
Utricularia inflata.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: タヌキモ科 Lentibulariaceae
: タヌキモ属 Utricularia
: エフクレタヌキモ U. inflata
学名
Utricularia inflata
Walter
シノニム

Plectoma inflata

英名
swollen bladderwort
inflated bladderwort

エフクレタヌキモ(学名:Utricularia inflata)は、ゴマノハグサ目タヌキモ科に分類される多年草の一種。

分布[編集]

北アメリカ東部原産[1]

日本の静岡県兵庫県大阪府愛知県外来種として分布する[1]。日本には観賞用に導入され、1990年5月に静岡県の磐田市鶴ヶ池で野生化が初めて確認された[1][2]

特徴[編集]

多年生の食虫植物。植物体は水面を浮遊せず、分岐しながら水中を2m以上伸びる。花期は5-10月で、4-20cmの花茎を水上に直立して伸ばし、黄色の花を咲かせる。スポンジ状の浮嚢葉が放射状に5-10輪生して花茎を支える。和名の「エフクレ」は「柄が脹れた」からきている[2]

日当たりの良い池や水路、湿地に生育する。繁殖力は非常に強く、在来の水生植物の生育を妨げるため、駆除が行われている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c エフクレタヌキモ 国立環境研究所 侵入生物DB
  2. ^ a b 北村四郎「エフクレタヌキモ、静岡県に帰化」、『Acta phytotaxonomica et geobotanica』第42巻第2号、1991年、 158頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]