エバー・アフター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エバー・アフター
Ever After
監督 アンディ・テナント
脚本 スザンナ・グラント
アンディ・テナント
リック・パークス
製作 ミレーユ・ソリア
トレイシー・トレンチ
出演者 ドリュー・バリモア
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 アンドリュー・ダン
編集 ロジャー・ボンデリ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年7月29日
日本の旗 1999年4月24日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $26,000,000[1]
興行収入 $98,005,666[1]
テンプレートを表示

エバー・アフター』(Ever After)は、1998年アメリカ映画グリム童話の『シンデレラ』を脚色したロマンティック・コメディである。全米第1位初登場の大ヒットとなった。

ストーリー[編集]

グリム兄弟が老女に呼ばれ、童話集の中で「灰かぶり娘」が気になるといい、兄弟が「ガラスの靴とも革の靴とも」というと、ガラスの靴を見せて話が始まる。

16世紀フランス。ダニエルの母親は幼い頃に亡くなり、『ユートピア』を読めといってくれた父も男爵夫人と再婚してすぐに死んでしまう。残された彼女は以後10年間、義母のロドミラと、義姉妹のマルガリートとジャクリーヌから召使い扱いされる日々を送っていた。そんなダニエルはある日、フランス王子で、政略結婚を迫られ城を抜け出したヘンリーと出会う。召使いが奴隷に売られるのを助けようとしている時で『ユートピア』を引用する。名前を聞かれたダニエルはとっさに亡き母の名前であるニコール・ド・ランクレ伯爵夫人[2]と名乗る。恋に落ちたヘンリーは城を訪れていたレオナルド・ダ・ヴィンチ[3]に「自分で運命を動かすのだ」と激励される。テニスやチョコレートなど新しいものが好きな王子で、幼馴染みの後押しもあり、自宅で出会い、図書館へ行き、二人で冒険する。本当の境遇を告白しようとするが機会を失う。レオナルドはスペイン王女との結婚を望む父王フランシスの反対を押しきり、舞踏会に彼女を招待。ロドミラは、ダニエルはベルギーに嫁ぐとウソを言い彼女を閉じ込めるが、ダ・ヴィンチに助けられ、「魚が鳥に恋しても」というと羽根をあげるといわれる。姉はダニエルの結婚衣装を着ていく。婚約発表に間に合ったダニエルだったが、ロドミラが召使いであると暴露する。傷ついた王子は彼女から離れ、ダニエルはまたもとの生活に逆戻り。親子ほどの差がある商人ル・ビューに父の遺品と交換で売られる。王子は結婚式で泣き叫ぶ幼いスペイン王女を見て、自分が本当に愛しているのはダニエルだと気づき、間一髪で逃げたダニエルに謝る。王子はダニエルに彼女が舞踏会で落としていったガラスの靴を履かせてやり、末長く(エバー・アフター)幸せに暮らす。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ a b Ever After (1998)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年7月29日閲覧。
  2. ^ ただし、ダニエルが伯爵夫人と名乗っているのは自身の本当の身分を隠す為の偽りであり、実母ニコール・ド・ランクレ本人は伯爵夫人ではない。 本編においても「母親を伯爵夫人にするとは呆れた大嘘つき」 とロドミラがダニエルを叱責するシーンがあり、マルガリートも「ダニエルは貴族ではない」と発言している。
  3. ^ 映画はフィクションであるが、レオナルドは1516年にヘンリーの父・フランソワ1世 (フランス王)に招かれて渡仏し、1519年に死去。

関連項目[編集]

  • Fable - 予告編で用いられた公式CM曲。

外部リンク[編集]