エバン・マーシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エバン・マーシャル
Evan Marshall
シカゴ・ホワイトソックス #43
Evan Marshall (43430070985) (cropped).jpg
AAA級コロンバス時代
(2018年8月28日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンタクララ郡サニーベール
生年月日 (1990-04-18) 1990年4月18日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト4巡目
初出場 2014年5月6日 ミルウォーキー・ブルワーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エバン・パトリック・マーシャルEvan Patrick Marshall, 1990年4月18日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ郡サニーベール出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBシカゴ・ホワイトソックス所属。

経歴[編集]

プロ入りとダイヤモンドバックス時代[編集]

2011年MLBドラフト4巡目(全体124位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA-級ヤキマ・ベアーズ英語版でプロデビュー。11試合に登板して0勝0敗2セーブ、防御率0.75、13奪三振と好投し、7月にA+級バイセイリア・ローハイドへ昇格。15試合に登板して0勝1敗4セーブ、防御率1.59、18奪三振を記録した。9月にAA級モービル・ベイベアーズへ昇格し、1試合に登板した。

2012年はAA級モービルでプレーし、42試合に登板して6勝3敗16セーブ、防御率3.51、27奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ソルトリバー・ラフターズ英語版に所属した。

2013年はAAA級リノ・エーシズでプレーし、54試合に登板して3勝6敗3セーブ、防御率4.34、59奪三振を記録した。

2014年は開幕をAAA級リノで迎え、5月6日にダイヤモンドバックスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。同日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビュー。1点ビハインドの6回裏2死から登板し、1.1回を無安打無失点2奪三振に抑え、直後の8回表にダイヤモンドバックスが逆転したため、メジャー初勝利を挙げた[2]。この年メジャーでは57試合に登板して4勝4敗、防御率2.74、54奪三振を記録した。

2015年は13試合に登板して0勝2敗、防御率6.08、7奪三振を記録した。

2016年は15試合に登板して0勝1敗、防御率8.80、9奪三振を記録した。

2017年3月28日にDFAとなった[3]

マリナーズ時代[編集]

2017年4月4日にウェイバー公示を経て、シアトル・マリナーズへ移籍した[4]8月2日にマイナー契約で傘下のAAA級タコマ・レイニアーズへ配属された[5]。この年メジャーでは6試合に登板して防御率9.39、4奪三振を記録した。オフの11月6日にFAとなった[3]

インディアンス時代[編集]

2017年11月30日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結び、2018年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[6]

2018年の開幕は傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズで迎え、5月3日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[7]。9月1日にDFAとなり[8]、4日にマイナー契約でAAA級コロンバスへ配属された。レギュラーシーズン終了後の10月2日にFAとなった[3]

ホワイトソックス時代[編集]

2018年10月30日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、2019年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2019年の開幕は傘下のAAA級シャーロット・ナイツで迎え、5月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 ARI 57 0 0 0 0 4 4 0 19 .500 210 49.1 50 3 17 3 2 54 3 0 17 15 2.74 1.36
2015 13 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 61 13.1 20 3 5 1 0 7 1 0 9 9 6.08 1.88
2016 15 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 79 15.1 28 2 8 2 1 9 1 0 18 15 8.80 2.35
2017 SEA 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 38 7.2 12 1 5 1 0 4 0 0 8 8 9.39 2.22
2018 CLE 10 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 37 7.0 12 0 4 0 1 9 1 0 6 6 7.71 2.29
MLB:5年 101 0 0 0 0 4 7 0 25 .364 425 92.2 122 9 39 7 4 83 9 0 58 53 5.15 1.74
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 50(2014年 - 2016年、2018年)
  • 41(2017年)
  • 43(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ “D-backs place Putz on 15-day disabled list, select Marshall from Triple-A Reno, recall Anderson from Double-A Mobile & Option Bolsinger to Reno” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Diamondbacks), (2014年5月6日), http://www.mlb.com/news/article/74532926/d-backs-place-putz-on-15-day-disabled-list--corresponding-moves/ 2017年4月5日閲覧。 
  2. ^ Scores for May 6, 2014” (英語). ESPN MLB (2014年5月6日). 2014年5月7日閲覧。
  3. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年5月2日閲覧。
  4. ^ Greg Johns (2017年4月4日). “Smyly to 60-day DL; Mariners claim Marshall” (英語). MLB.com. 2017年4月5日閲覧。
  5. ^ Greg Johns (2017年8月2日). “Marshall activated and outrighted to Triple-A” (英語). MLB.com. 2017年8月7日閲覧。
  6. ^ “Indians extend three non-roster invitations to Major League spring training camp” (英語). MLB.com. (2017年11月30日). https://www.mlb.com/indians/news/indians-extend-three-non-roster-invitations/c-262628476 2017年12月15日閲覧。 
  7. ^ Jordan Bastian (2018年5月3日). “Injury updates: Goody, Miller, Salazar, Merritt” (英語). MLB.com. 2018年5月5日閲覧。
  8. ^ Casey Harrison (2018年9月1日). “Haase, Edwards among first wave of callups” (英語). MLB.com. 2018年9月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]