エネルギースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エネルギースターのサービスマーク[1]

エネルギースター(英語:Energy Star)は、省エネルギー型電気製品のための環境ラベリング制度アメリカ合衆国エネルギー省及び環境保護庁(EPA)が1992年に開始し、その後国際提携プログラムによりオーストラリアカナダ日本欧州連合など他国・地域でも運用されている。

コンピューターや周辺機器、家電製品や建物などエネルギースター・マークが表示された機器・設備は、一般的に合衆国連邦政府の基準より20-30%エネルギー効率が良いとされている[2]

英語での発音に近い「エナジースター」と表記されることも多い。

対象製品・設備[編集]

エネルギースター対象条件はアメリカ合衆国エネルギー省またはアメリカ合衆国環境保護庁によって商品カテゴリー別に設定されている[3]

国際エネルギースター提携[編集]

オーストラリアカナダ日本ニュージーランド台湾、そしてEU(欧州連合)がこのプログラムを採用している。

日本[編集]

経済産業省がアメリカ合衆国環境保護庁(EPA)との相互承認の元で運営している[4]

脚注[編集]

  1. ^ Guidelines for Energy Service and Product Providers”. 2012年3月27日閲覧。
  2. ^ Alena Tugend (2008年5月10日). “If Your Appliances Are Avocado, They're Probably not Green”. New York Times. http://www.nytimes.com/2008/05/10/business/yourmoney/10shortcuts.html?scp=1&sq=appliances%20avocado%20green&st=cse 2008年6月29日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ 一般財団法人省エネルギーセンター (2012-05(JST)). “国際エネルギースタープログラム / 登録事業者向け情報 / よくある質問とその回答(FAQ)”. energystar.jp. 2012年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]