エニ・ファレオマバエガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エニ・ファレオマバエガ
Eni Fa'aua'a Hunkin Faleomavaega, Jr., official 109th Congress photo.jpg
アメリカ合衆国下院議員
アメリカ領サモア全域区選出
任期
1989年1月3日 – 2015年1月3日
前任者 フォフォ・スニア
後任者 アマタ・コールマン・レイドワーゲン
個人情報
政党 民主党
配偶者 ヒナヌイ・バムブリッジ・ケイヴ
子供 5
住居 アメリカ領サモアパゴパゴ
出身校 ブリガムヤング大学ハワイ校, ブリガムヤング大学, ヒューストン大学, カリフォルニア大学バークレー校
職業 弁護士
宗教 末日聖徒イエス・キリスト教会
兵役経験
部門 アメリカ陸軍
最終階級 大尉
戦闘 ベトナム戦争

エニ・ファレオマバエガEni Fa'aua'a Hunkin Faleomavaega, Jr., 1943年8月15日 - )は、アメリカ合衆国政治家である。アメリカ領サモア出身。1989年より合衆国下院のアメリカ領サモア代表。下院本会議での投票権は持たない。民主党所属。下院外交委員会のアジア太平洋環境小委員会の委員長を務める。 アメリカ領サモア準州副知事をつとめた後、1989年より下院サモア代表となる。 慰安婦問題と関係が深く、慰安婦に対する日本政府の謝罪を求めるアメリカ合衆国下院決議案を国連に上程する活動をしていた。2014年の中間選挙で落選、政界を引退。

日本との関わり[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 聯合ニュース 慰安婦決議案国連に上程を、米下院外交委小委員長[1]


アメリカ合衆国下院
先代:
フォフォ・スニア
アメリカ領サモア州選出下院議員
アメリカ領サモア

1989年1月3日 - 2015年1月
次代:
アマタ・コールマン・レイドワーゲン
儀礼席次
先代:
ジュディ・チュー
カリフォルニア州選出下院議員
アメリカ合衆国の儀礼順位
as of 2009
次代:
エレノア・ホルムズ・ノートン
コロンビア特別区選出下院議員