エドワード・ジョンソン3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エドワード・ジョンソン3世Edward Johnson IIIネッド・ジョンソン1930年 - )は、エドワード・ジョンソン2世の息子。フィデリティ・インベストメンツを実の娘アビゲイル・ジョンソン英語版と経営する投資家である[1]

ハーバード大学卒業。ステート・ストリートでキャリアを積んだが、1957年に父親のフィデリティへ移り、1972年に会長となった[2]。1961年、父親からフィデリティ・トレンド・ファンドを任されたが、3年ほどかけて運用成績でジェリー・ツァイを超えた。この成長株ファンドは1996年から娘のアビーが運用責任者である。

ネッド会長は1974年夏までマネー・マーケット・ファンド開発を指揮した。このとき社内で活躍した人物が二人いる。

一人目はジョシュア・バーマン(Joshua Mordecai Berman、1938-)である。1958年にニューヨーク市立大学シティカレッジを、1961年ハーバード・ロースクールをそれぞれ卒業。Goodwin, Procter & Hoar 法律事務所へ就職、1969年からパートナーへ昇格して1980年まで務めた。1970年から3年ほどTyco International の会長・社長を務めた。1971年からフィデリティの顧問であった。[3][4]

二人目がパトリシア・オストランダー(Patricia Ostrander)である。パデュー大学を卒業後、1959年にラドクリフ・カレッジハーバード・ビジネス・スクールの合同課程Harvard-Radcliffe Program in Business Administration を履修した。ABNアムロ系列のLaSalle National Bank へ入行、1969年にフィデリティへ入社した。債券に強い人材であったので、ドレクセル・バーナム・ランベールマイケル・ミルケンと密接な関係ができた。[5]

同じころ、一人の職人がフィデリティの通信網を世界展開した。マサチューセッツ工科大学サミュエル・ボドマン教授である。1983年にフィデリティの最高執行責任者となった。4年後にフィデリティを去り、カボット・コーポレーションへ移った。その後、デュポン役員を経て2005年から4年間アメリカ合衆国エネルギー長官を務めた。

ネッド会長は1978年に優秀なスポークスマンを得た。リチャード・バーテルセン(Richard Bertelsen)である。ハーバード大学を卒業後、老舗の出版社Little, Brown & Company で働いていた。享年42歳。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フォーブスの発表による世界長者番付2006年度版において、世界で第57番目の長者に選ばれている。また、2013年度版においては、第166番目に選ばれている。
  2. ^ "FMR Corp. History", International Directory of Company Histories, Vol. 32. St. James Press, 2000.
  3. ^ Prabook Joshua Mordecai Berman Retrieved 2017/2/15
  4. ^ タイコは1997年にAT&T海底ケーブル部門を買収した。
  5. ^ ニューヨーク・タイムズ A Straight Arrow's Inexplicable Fall Published: March 24, 1991
  6. ^ NewYorkTimes Richard Bertelsen, Fidelity Spokesman And Chronicler, 42 Published: October 9, 1993.